@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

一笑らーめん

一笑らーめん_東伏見
先日、西武新宿線東伏見駅北口直ぐにある「一笑らーめん 東伏見店」へ行って来た。
東伏見店と云うから、チェーン店のように思うが他の場所で見たことは無い。

スープはとんこつベースで、いわゆる博多風のラーメンを出す店だが、トッピング等は東京の中華そば風で博多ラーメンには見えない。
一笑らーめん_黒一笑
これに鳴戸巻きとゆで卵がトッピングされたら「中華そば」ですな。

麺も中細、やや縮れ麺で中華そばっぽいが、厨房奥にはバリカタから始まる茹で加減指定用の張り紙があったりで、ご当地ラーメンの域をわざと外してその地域にとけ込もうとしてるのかも知れない。

スープは、長時間かけてじっくり煮込んだとんこつスープ。
臭みが無くマイルドで、非常に口あたりは良いが最後の方になるとちょっと塩っぱさが強くなる。
絶えず混ぜながら食べれば解消されるかも知れない。

隣の駅の武蔵関が長く地元駅だったが、いわゆる中華屋さんはあってもラーメン屋と本格さを示した店はほぼ全滅の駅前だった。
隣駅と云えども、昔からあると知っていれば通っていたところだが、こんかい一笑へ行った理由のひとつが実家の引き払いのため。
すでに屋内はもぬけの殻状態に近く、最後の片付けに通っている最中だから台所で飯作りが出来る状態ではない。
そのため、せっかく外食するならば「旨いラーメン屋は無いか?」と探し出したのがこの一笑らーめん。
現在の住まい近くの東久留米は結構なラーメン激戦区らしいし、実際に〇〇らーめんと名のつく店は多い。
自宅近くがこの状況だと、わざわざ東伏見(久留米と伏見、紛らわしい)まで遠征しないだろうなぁ〜
一笑ラーメンは決して悪くない。地域ナンバーワンじゃ無いだけだ。
もう少し早く発見し、何度か通い全メニューを試してみたかった。
そんな名残惜しさをもてる店だった。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/233-953a4ccc

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する