@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

極東厨房

外観
札幌市内、北23条にある"合鴨ガラ+アゴ"スープを売りにしている「らーめん極東厨房」。
名前はファーイースとだが、特段アジア的料理を出すわけではない。

アゴスープと云うと、トビウオ節?と云うか干物?
これを使用したスープのラーメン屋としては、東久留米にある「琴海」で何度か食べた事がある。
個人的な印象としては、同じ節系としては「煮干・鯖節・鰹節」などより魚臭さがでないように思う。
そういった意味では、風味付け程度に少量醤油を使用した中華そばに合いそうな出汁だと思うのだが、極東厨房では味噌ラーメンも提供していた。

このお店、色使いが派手なので、通りかかれば直ぐに発見できるが駐車場がない。
近所にコインパーキングもない。
車で行った場合は、近所のスーパーマーケットの駐車場に入れるしかない。

近隣の立地状況から、店内の通気はあまり良くなく、厨房の熱気が店内に溢れかえっているため、夏場この店でラーメンを食すのはある意味地獄だ。

味噌ラーメン
味噌ラーメンを食したが、上記したようにどちらかと云えば繊細な出汁鶏のスープには、味噌は強すぎで出汁の風味を全て飲み込んでしまっている。
普通の味噌ラーメンとしか云いようのない印象だ。
ただし、680えんと云う価格とトッピングの内容からすれば充分に納得の行く一杯であり、近所にあれば月2位で通いたいところ。

餃子も食べてみたが、これはそこらの中華屋で出している業務用の普通の冷凍餃子。
餡が大変食べ慣れた内容で間違いない。
ラーメン専門店で餃子を出す場合、業務用でもまったく構わぬが、その代わり価格をぎりぎりまで安く(5個150円くらい)まで下げて、サービス品としてくれたら気が利いてるんだがなぁ〜

決して悪くなく、そこそこ旨いラーメン。
だが、地元ならいざ知らず、市街ましてや道外からわざわざ遠征する店ではない。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/225-c9523e23

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する