@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

武鳳者OUTLAW

武鳳者アウトロー
東久留米駅前直ぐにある、ラーメン屋の「武鳳者OUTLAW」。
武鳳者を「む・ほう・もの」と読ませ、英訳すると「OUTLAW」。
ラーメンとどう繋がるかは分からないが、ひと目で覚える名前だ。

なに系と云うには、かなり独自性が追加されているラーメンのように思う。
麺は中太麺と細麺が選べる上に茹で加減、スープの濃さも指定できる。
加えて、もやしや海苔・チャーシュー・味玉など100~200円のトッピングが用意されているので、かなり自分の好みにあわせたラーメンに仕立てる事も可能だ。
武鳳者_らーめん+サービストッピング・キャベツ
ラーメン+サービストッピングのキャベツ

スープは醤油風味のとんこつ?色からすると、とんこつだけの色ではない小麦色をしている。
もし使用しているならば、醤油ラーメンと主張するほどではない、風味付けの調味料として使用しているレベルだ。
普通、とんこつスープは他よりも甘味を感じる事が多いが、ここのスープの甘味は僅かなもの。逆に辛いと言うわけでもなく、コクのあるドライなスープと云った感じか?

中太麺を指定したが、茹で加減が柔らかめなのかコシよりもプリプリとした印象。濃厚なスープに負けず美味しく食べれた。
ただし、次回は「少し固め」と指定するかも。
チャーシューは、ドンブリの半分を覆い尽くす大きさ。厚さは1mmほどと薄いが、濃いめの味付けがなされ、これまたスープに負けず大変旨い。
期間限定と思われるサービストッピングは、有料トッピングと同種の揃え。一種有料、別のトッピングをサービスで選べば結構豪華な内容のラーメンになる。

ラーメン一杯の分量としてはごく一般的な量なので、食事として食べるならば大盛りにするか無料のライス、ないしは小ドンブリのチャー飯など注文すると良い。コスパは低くなるけれど…

この店のある、東久留米駅東口のこの一帯、と云うかこの商店街はラーメン激戦区だ。
駅前から「琴海」「和」と続きこの「武鳳者OUTLAW」がある。「和」はまだ未食だが評判は高い。「琴海」も、店主の地元?長崎県の琴海町地場の味を意識した「アゴ出汁」をスープにしたり、結構自分の好みにあっていた。
それこそ10m置きに並んでいる印象があり、生き残りをかけたラーメン戦争が静かに勃発しているのかもしれない。
単なる客の1人としては、3店とも切磋琢磨して旨いラーメンを作り続けて欲しいところだ。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/209-030211ae

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する