@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

The MaCallan 12th

TheMaCallan_12th
洋酒と云っても数は多く、スコッチと云ってもそれこそ綺羅星の如くあるし…
英国在住歴のある人や、スコッチを愛飲しているベテランの人は別の名前を角かも知れないけれど、僕にしたらこの"The MaCallan"がスコッチの代表だ。

過去、このブログでもラフロイグ、ボウモアと飲んで来たが、僕にとってはマッカランが真打ちだ。
物の本に寄ると、スコッチは大体が12年もの。国産やバーボンであれば、長期熟成の部類に入るだろう。
熟成期間が長ければ良い酒とは云えないが、逆にいえばスコッチの場合はこれくらいの期間寝かして初めて市場に出せる酒になるのだろう。

味わいと云う物で語れば、The MaCallan 12thはウイスキーとしては普通。
12年熟成ならば、国産ウイスキーの場合はかなりの熟成感を感じる芳醇さや角の取れたまろやかさを感じる。
The MaCallanの場合は、まろやかさの中に未だ若々しい角が感じられ、すっきりとした口あたりだ。
アイラ島産のラフロイグとボウモアは、同じ島産のウイスキーだが香りも口あたりもまったく違う。
個人的な感想だが、ラフロイグのスモーキーというか薬膳的な独特な風味に比べ、ボウモアはいかにもスコッチ的味わい。The MaCallanもこれに近い。
同じ島のウイスキーより、同じ国内とは云え距離の離れた本土のマッカランとボウモアの味わいが似るところにスコッチの面白さがある。
言っちゃ悪いが国産洋酒の場合、ウイスキーもそうだがビールの場合は特にひどい。どこのメーカーを飲んでも差異がほとんどない。
やはりこれは、文化として定着していない証拠なのだろう。
ポン酒の場合は、地酒それぞれあれだけ特徴があると云うのに…

ヨーロッパのウイスキーの大会のような物…モンドセレクションではないが、そのようなコンクールで、並みいるスコッチを抑えて国産ウイスキーが上位に入ると云う。
これは新規で、向こうの人がそれに慣れてないだけと云う事だろう。決して、本質を理解された結果ではない。
とにかく、ポン酒を基本に考えたならば、その土地の気候・水、その材料によって、結果として完成する酒はその土地の記憶を宿し違いが出るはずなのだ。

流行を追いかけないはずも無く意識はしているのだろうが、しっかり伝統をふまえその土地らしい酒を造っているのはウイスキーの場合はスコッチなのだと思う。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/203-95d4b124

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する