@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

BOWMORE 12年

BOWMORE_12Years
ボウモアの12年のハーフボトルを買った。
以前、ラフロイグを買ったときの流れだ。
ボウモアを飲みきったら、次回はマッカランを買うつもりだ。スコッチ・ウイスキー三部作…なんちゃって。もっともっと、噂に訊くし飲んだ事もある旨いスコッチは多いが…

ボウモアもラフロイグと同じ"ISLAY"アイラ原産のシングルモルトだ。だが、その風味はかなり違う。正反対と云って良いかも知れぬ。
うんちくに拠ると、アイラ=アイラ島の蒸留所は海辺に建てられており、その影響からアイラ・モルトはヨード臭がし、さらにピート由来のスモーキーさをもつ。これに因ればラフロイグは、その特徴を最前面に出し、ボウモアは穏やかに風味の特徴として"香らせている"程度でしかない。
そういった意味では、ラフロイグの方がアイラ・モルトであり好む人を選び、ボウモアの方は万人向けに仕上げてると云える。

自分の飲酒の歴史は長い。時効なのでバラしてしまえば、高校生の頃からスナックにボトルキープしていたものだ。だからと云って、金持ちボンボンでもなくヤンキーでもない。学友と小遣いを出し合ってキープしたのだ。
その頃の、サントリー・オールドから始まり、スコッチ、カナディアン、バーボンといろいろ何十種と飲んで来たが、ラフロイグの革袋と云うか漢方薬と云うか…あの風味が正しくアイラであり、初めてバーボンを飲んだときの印象と近いものがあった。
"荒くれ"ラフロイグに"優等生の"ボウモアと云ったところか?
未だに飲んだ事は無いが、マッカランはボウモアに輪をかけた優等生だろう。

スコッチを飲付けた人間なら、おそらくはこのボウモアを"水割り"にするなんて暴挙には出るまい。おそらくは、ロックアイスを浮かべて…ってところだろう。
度数40度だから、いろいろあるウイスキーの中で決して高いものではないから「クイクイ」飲める。
近年ウイスキーは、随分価格がこなれて来ているが「クイクイ」飲んでしまえる値段でもない。
とっておきに…とまでは云わないものの、大事に飲もう!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/198-8f2eebd1

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する