FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

つけ麺・らぁめん 竹屋

つけ麺・らあめん 竹屋
今や、この地域にあって「名店」と云って良いと思うらーめん屋の竹屋。

初めて行ったのは、日記が確かならば5年前。
その頃は、初老のご夫婦2人で切り盛りしてたと思う。今のように、奥に厨房があってカウンター裏が盛りつけのみのスペースではなく、おっちゃんが1人で客の目の前で仕切っていたはずだ。
その後、1年ちょっとで現在のスタイル。そのまた1年後くらいに、カウンターと背合わせの席ができて現在の店として完成。その名移り変わりか?
現在の経営は、おっちゃんの息子なのだろうか?

ともかく、2軒先の「丸め」が出来るまでは地域でダントツだし、とんこつに魚粉の組み合わせはここが最初だったと思う。
当時からつい最近までは、つけ麺・らぁめんとも醤油のダブルスープが基本だったが、昨年の後半から「味噌」「辛味噌」が追加されたらしい・・・と云う情報を得たので、買い物ついでに行ってみた。

竹屋_味噌らぁめん_チャーシュー増し
味噌らぁめん730円+チャーシュー150円。

らぁめん並盛りでも、麺量は1.5玉あると云うので腹減りで行ってもそれにりにお腹に溜まる。スープにもかなりのトロミがあるので腹持ちが良い。
ただ、つけ麺用よりも薄く割ってあるだけなのだとしたら、らぁめん用には濃過ぎるし脂がちょっとクドいか?
実際のところ、スープの濃さに負けて、味噌の風味がほとんど生きていない事は、他のお客も認めるところだ。
味噌に関しては、さらなる研究が必要と見えた。
太麺はもちもちと食べ応えがあり、先日食べた新所沢の「こてつ」とは一段レベルが違う。やはり長く人気店を続けているだけのノウハウかな。

じつは、写真には足らないトッピングがある。本来ならば、さらに茹でもやしが載る。
この日は、ちょうど茹でもやしを切らしたタイミングに当たり「すいません!いま茹でてます」と云われた。が、らぁめんに遅れる事多分5秒ほど、小鉢で茹でもやしが提供された。
まぁ自分としてはまったく問題ないのだが、これくらいの事でもやたら問題にしたがるグルメ・レビュアーがいる事も事実。

もやしはその場で直ぐ茹だって用意できるが、味玉やチャーシューではそうはいかない。簡単に用意できる「茹でもやしだから」と云う意識では困るわけなのだ。
やはり、具材の残り具合を絶えずチェックして、このような事が起きないよう気配りするのが大切だとは思う。
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/197-57f75ec6

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する