@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

西武柳沢 ラーメン専門くぼ田

ラーメン専門くぼ田_味玉ラーメン
知る人ぞ知る、場末のラーメンの名店「くぼ田」の味玉ラーメン。

場末と云いきると失礼なのだが、実際にお店に行くと本当に場末なのだ。
西武新宿線西武柳沢駅は、急行停車駅の田無駅のひとつ手前。要するに、停車するのは各駅停車と準急だけ。この駅から先、急行停車駅の上石神井駅までは準急も各駅停車なのだから、事実上各停しか止まらない駅と云って憚らないんじゃないか?
異論があったらごめんなさい。

西武柳沢駅は南口は、駅前ロータリーが整備され路線バスも乗り付けられるが、北口はタクシーすらも待機できない狭い路地に面している。
北口から降りて路地を抜け、それよりちょっと広い一通の車通りを東向きに歩いて3分少々。信号にぶつかったところが、更に少し広い車通りがカーブした頂点。その交差店は、地図上では「西武柳沢駅東」となっているが、実際には信号名の表示は無い。
そこの左側に二股の狭い路地があり、その股の左の道をちょっと入った左側に「ラーメン専門くぼ田」はある。
店が面するこの道自体、車のすれ違いはもちろん自転車とのすれ違いも難しい。
店の目の前は一般の民家だし、両隣も似たようなもの。
昔はラーメン以外も出していた、町の中華屋さんだったような雰囲気もある。
日祝日でも、通し営業にせず中休みをしっかり取るのは老夫婦2人で切り盛りしてる為。
無理をしてまで客に対応しない、これも隠れた名店だ。
無理して味を落としちゃ、まったく意味がないからね。
ラーメン専門くぼ田

ラーメン専門くぼ田_メニュー
メニューはいたってシンプル。4種類しか無い。
「ラーメン」とあるのは、もちろん醤油味の中華そば系。
今回「味玉ラーメン」を食したが、ラーメンに味玉をひとつトッピングしたもの。

スープは、鶏がら+節のダブルスープか?
鶏がら風味より、鰹節の香が店の外まで漂うほどに香る。
香油が多めだが、幾分乳化しているようで油っぽさを感じない。
塩味より甘味が勝ったマイルドなスープに中細縮れ麺、柔らかめのメンマが少し多め、薄切りだが大判で箸出来れる柔らかさのチャーシューがトッピング。
薬味が、長ネギの他に柚子?柑橘系の皮の小片が載っている。

見た目、昔なつかし中華そばだが、町の中華屋が出す醤油っぽいスープではないこの店特有の仕込の入ったスープは「なつかしさ」より「ホッ」感を醸し出す。
刺激が少ないマイルドなスープは、ガッツリ感はもちろん無い。でも、だからこそ飽きがこない。
次回は「味玉塩ラーメンの大盛りにしよう!」そう思わせるラーメンだった。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/192-7841add4

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する