@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

玉乃光純米吟醸「酒魂」

玉乃光_酒魂
玉乃光…伏見の酒だった・・・あまり買いたくなかったなぁ~
過去、伏見・灘…ここいら辺の老舗がある地区の酒は本来飲みたくなかった。なぜかって云えば、そりぁ不味いからさ。
黄桜だ、松竹梅だ、月桂冠だ…大手酒蔵のこっちの方の酒を飲んで、何度後悔した事か!
店で飲んだときは「金返せぇ!」と叫びたい酒ばかり。

「玉乃光」不覚にも、伏見の酒とは知らなかった。
ポン酒と云うのは、買いに入る店ごとに品揃えが違い、重複するのは全体の2~3割くらい。
これが、違う地方に行けばさらに違いが大きくなる。うちの近所の酒屋の品揃えと、たとえば大阪堺の酒屋とはまったく違うはずなのだ。

で、飲んでみた。
まぁまぁですな…(^。^;)

過去の伏見の銘酒たちは、冗談ではなく「迷酒」だったのだった!
雑味の多い、温度管理が杜撰な出来の酒を、度数調整のために水で割った。そんな感じ。
まぁ、安酒ばかり飲んだから「そ~なんだよ」と言う人もいるかも知れないが、地酒ばかり飲んでる自分としては、平均価格として1000円と云う数字を上げる。
この1000円で買って、まともに飲める酒は伏見や灘には存在しない。
あの地区の銘酒たちは、まさに「銘酒」であって「名酒」ではない。
文句あるなら、1000円以下で「旨い!」と云う吟醸酒を造ってみろっ!
まぁ、会社として、蔵元と云うより「工場」と化したこれらでは、無理な話しと云う事なのさ。

玉乃光は、そういった意味ではまともだ。
ただ、同じ価格でもっともっと旨い酒は五万とある。
伏見にあって、玉乃光は決して大きい蔵元ではないのだろう。商売っけに走ってるわけでなく、杜氏名も表に出し真面目に仕事しているのだろうが、伏見はダメだねぇ。
水が悪いのかなんなのか?

雑味も少なく、水っぽくもなく、特に何が悪いと云うわけではないが、コクが無く香りも薄い、そんな感じか?
海の向こうや、国内ではそんな事をしている人も少数いるかも知れないが…カクテルすると良いかも知れない酒だった。
特に、柑橘系と相性が良さそう。酸味の少ないミカンと良く合ったのは事実。
意外、いまいちイケてないポン酒にであったときはミカンと合わせると良いのかも知れない。
そう思った今日このごろ・・・

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/183-962cafce

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する