FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

麺屋彩香の味玉塩らーめん

麺屋彩香_味玉塩
石神井の実家へ、一寸した用事で里帰り?ポタリングの距離だけどね。
途中、ちょっと回り道すれば保谷駅前を通過できる。って事は、ラーメン屋さんに寄らねばなるまい!
以前も、ネットで評判の「彩香」に寄って「味玉醤油らーめん」を食べた。今回も彩香にするか、それとも「永福系」の系列店の「保谷大勝軒」らするか?前の晩から散々悩んだ結局、醤油しか食べてない彩香に決定。
ネットでの評価は、大勝軒より彩香の方が上。しかし、立地条件のせいか同時刻に彩香の客は自分一人に対し、大勝軒の方は駅前立地を利して引っ切りなしに客が入ってた。それも中年以上の年配客ばかり!
行列に並ばないで良い事は、個人的には嬉しいが、お店の先行きがちょっと心配。おいしいお店だけにね。

前回食べて思った事が、彩香はがっつり食べると云う店では無いと云う事。全体的に、麺もスープもトッピングも限りなく少なくシンプル。前回の味玉トッピングは正解だったわけで、今回も味玉をチョイス。
で、写真は撮影し忘れで、他のサイトからちょいと拝借してきました。

スープベースは醤油と一緒、と言ってまず間違いなし。麺も一緒。違いはタレのみのよう。
今時の専門店は、味に寄ってスープベース・麺・トッピングまで全部組み合わせを変える店がほとんど。それはそれで意味のある事かとも思うが、彩香のこれを食べてみると?と思わざる終えない。
こだわりは分かるが、変えたところでそんなに違いは無いよ。塩は「海老」じゃなきゃと、わざわざ海老塩ラーメンなんか出してる店もあるが、海老を食わない自分には腹立たしいだけだ。
彩香のようなシンプルさで勝負の店は、タレのみを変える事によってより違いが判ると云うものだ。
表面の香味油は、香は弱いが油っぽくないので量が多い割にクドくない。
あっさりさっぱりで、するするノドを通り、あっという間に完食。
もう少し、個性的でも良いかな…と思わせるくらい、ある意味上品なラーメンだった。
次回の通りすがりは、とりあえずは大勝軒に行ってみて、同じ中華そば系のラーメンがどれだけ違うか試したい。

ごく少数の、たまに読み来る方への注釈。
ここでの大勝軒は、上記したが「永福系の大勝軒」であって、山岸氏で有名な池袋系ではございません。
以上。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/175-1f54349b

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する