FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

麺屋彩香 in 保谷

麺屋彩香_味玉醤油麺屋彩香 味玉醤油
数年前から…と云っても、自分が知ったのは昨年くらいの事だが…保谷に旨いラーメン屋がある。そうネットに書かれているのを発見し、実際に探しに行ってみたのが去年の今頃か。
あるはずの場所を探してみてもどこにも見当たらない。帰宅後、再度調べてみると同じ保谷駅近くの別の場所に移転したとある。しかしこの時は、と云うよりも今も住まいを清瀬にしているし、勤め人ではないのでそうそうラーメンのみを食べに保谷まで行く事は無かった。

先日、ポタリングついでに「保谷の彩香に行こう!」と思い立ち行ってみた。
行列なのかなぁ~と思いつつ、昼の部終了ギリギリに行ってみると先客がパラパラと云うくらい。保谷の街は住宅街で、会社員の多い街ではない。会社の多い街だと、結構時間をずらしお昼時以外でもラーメン屋に並ぶヤクザなサラリーマンも多い。
麺屋彩香グランドハイム保谷1F。凹型ビルの向かって右翼側、二番街入って奥の正面にある。表に看板は出てるが、Googleストリートビューの画像にはまだ看板は写っていない。

メニューは醤油と塩ラーメンに、それぞれ味玉トッピングしたものと特製の計6つ。券売機には「つけめん」と云うパネルもあったが、現在は?あるいはその日だけ休止していた。

写真は味玉醤油ラーメン800円。少し深めの形をしたドンブリの直径は15cmくらいの小振りなもの。実際、麺もスープも少なめで一般的な店の70%くらいの量か?
調理そのものは非常に丁寧。小柄なマスターの麺の湯切りがまた丁寧。派手で無意味なアクションはまったく無し。また、ほとんど湯切りしてないような店もままありますが、この店くらいなのが見た目常識的。
スープ表面は丁寧に注がれた香味油?が薄い層を作っている。醤油色の濃さと脂の層が、札幌純連を少しだけ彷彿させた。

見た目の醤油色とは違い、醤油臭さは無く旨味を感じるスープ。決して「濃い!」と云うスープではないので、素麺か冷や麦か?と云うくらいの太さのストレート麺がバランス良い。
麺もスープもスッスーッと気持ちよくノドを通って行くが、上記したように量がいかんせん少ない。あっという間に食了!
この店で「食事」と考えるなら、別メニューのライス100円かチャーシュー飯200円を頼むしか無い。大盛りでも少ないと思うのでね。ただ、どちらにしても1000円コースになるのは必定。そう考えると、価格設定がちょっと高い。コスパが良いとは云えないので「思い出したら食べに行く」タイプの店に数えられてしまうかな。
旨かったので、その辺りがちょっと惜しいと思った。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/171-d203e40c

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する