@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

UltraFire WF-501B

UltraFire_WF-501B_01
先日作った、フラッシュ・ライト2本差しの自転車用ヘッドランプマウントの太いモノ用のホルダーで使用と思い購入した。

最近ネットで「LED ライト」と打ち込むと、結構な確率でヒットするのがこの「UltraFire」や「TrustFire」のページだ。企画・設計をどこがやってるか分からぬが、製造は中国。いわば「バッタもの」と云うヤツで、買っては見たもののいつ故障して転倒しなくなるか?ちょっと不安。
ネットでは大旨3800~4500円で売られていて、決して安くはない。普通に使用していて、60日経たずに故障したら国内の販売会社の保証も利かなくなる。とても安心できる日数ではない。

値段もそこそこするわけで、筐体自体の作りはそんなに安っぽくはない。アルミ・ボディの表面には塗装なのか化学処理によるのか?梨地っぽい加工がなされている。グリップ部のチェッカーリングが、国産やアメリカ製などのピラミッド(四角錐)状にはなっておらず、単に線が刻まれているだけ。よって滑り止め効果は薄いが、強く握っても手のひらに噛み込むような痛さは無い。この辺は、人それぞれの好みかも知れない。

UltraFire_WF-501B_03WF-501BとLED LENSER B7
UltraFire_WF-501B_04WF-501BとMINI MAGLITE
大きさとしては、全長がB7とほぼ同じ133mm。ヘッド部の径が30mm、グリップ部の径が24mmでB7よりはかなり細い。見た感じ、単四電池を4本束ねるLED LENSER B7と単三電池を2本縦つなぎしたMINI MAGLITEのちょうど中間くらいの大きさか。あまり一般には見かけない寸法だ。
なぜこのような大きさなのかと云うと、それは使用するバッテリーにある。
UltraFire_WF-501B_02WF-501BとBRC-18650リチウム・イオン電池
このBRC-18650リチウム・イオン電池は、以前のフィルムカメラで良く使用されていたCR123Aリチウム電池を2本縦につないだサイズになっている。単三電池を二周りくらい大きくしたくらいか?
BRC-18650は、今回のWF-501B購入検討に当って初めてその存在を知った。
この電池使用によって、大き過ぎず小さ過ぎない本体サイズと、出力が大きい電池なのでフラッシュ・ライトとしての明るさも期待できる。加えてリチャージブルなので繰り返し充電できるのもエコだ。

実際の所、点灯してみると驚愕するほどの明るさだ。このライト、ショップによって表示が違っているのだが、350ルーメンや900ルーメン、1300ルーメンなんて数字もある。今回購入したものが、表示では1300ルーメンとなっていた。1300ルーメンはまったく信用できない数字だ。これではいくら容量の大きいBRC-18650でも、フル点灯では30分も保たないだろう。
だが、他のライトと比較してもかなり明るい事に変わりはない。
170ルーメンのLED LENSER B7も、200ルーメンのDominator DC-109Fもローソクの明かりのように暗く感じてしまう。ショップ系のサイトでは、この明るさを最新LED素子のCree XM-Lを採用しているから、と書いている。
う~む、LEDは新しければ新しいほど明るく省電力になっている。が、WF-501Bの表示は極端すぎて、その明るさを見た上でもにわかに信じられない。オートバイのヘッドライトくらいに明るいんだけどねぇ…

ともかく、至近距離で人の目に当てたら失明までは行かなくとも、その後しばらく幻惑されたような状態になる事は間違いない明るさ。
…と云う事が理由なのか、旧モデルではLEDがもう少々くらいタイプだったらしい。それが、350とか800ルーメンと謳っているヤツか?その旧モデルでは、点灯モードはひとつ、ON<>OFFだけだったらしい。
今回のモデルは、最新のLEDへと変更し尚かつ上位モデルのWF-502Bと同じモードチェンジ<5モード>が搭載されたらしい。ただ、こうなってしまうと上位下位の差がどこにあるか分からなくなって来る。
Hi,MiD,Low,Flash,SOSの5つだ。
オレンジピール状のリフレクタータイプであり、周辺も柔らかに照らす照射パターンをもつため、このライトをヘッドランプとして装備しておけば、街灯が無く月の出てない漆黒の林道をバイクで疾走してみたいと思わせる。

機会があれば、屋外での照射テストの写真をアップしたいと思っている。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/170-907791ca

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する