FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

三条燕系ラーメン 麺や丸め

麺や丸め
久しぶりに食べに行った。通算で4回目くらいか?
グルーポンのほぼ半額クーポンを入手してあったので、有効期限切れの前に消費する意味もある。
燕三条系ラーメンって云うのは、新潟県の燕市と三条市辺りのご当地ラーメンって事?現地まで行った事はないので、詳しくは分からないが、ここら辺りはラーメンよりも包丁やフォーク・スプーンなどの金属食器が有名だったと思う。古くは鋳物でも有名な土地と記憶しているが・・・

比較的メニューの数が多い店と思うが、基本形は煮干メインの魚介背脂チャッチャッ系かな。くどいくらいに油の強いものから、比較的あっさりしたものまであるが醤油の風味が強い。ただし「醤油味」ではなく「醤油風味」が強いだけなので、煮立たせたときのあの独特な醤油臭さは少ない。
魚介系の旨味がよく出たスープだが、風味が非常にたっているうえに強烈な醤油風味、好みは分かれるかも知れぬ。

麺や丸め_煮干南蛮煮干南蛮(ブレブレ写真)
購入したクーポンは、ラーメンとつけ麺が選べる。店がつけ麺を始めて以来、まだ食した事が無かったので今回はつけ麺を注文した。
太麺使用のつけ麺ゆえに、当然待ち時間は長くなる。今日は先客ゼロで、すぐに麺茹でが始まったはずだが、それでも結局10分以上は待たされたか?その為に、多分、つけ麺注文客だけに先付け的な提供として「煮干南蛮」が通される。中ドンブリくらいの容量の容器のまま出されたって事は、全部食べて良いって事?(笑
それはともかく、サービスには気を遣っているみたい。

麺や丸め_つけ麺
麺の量は並で250g。中盛り300g、大盛り350g、特盛り400gだったかな?クーポンでは並と中が選べたはず。

麺の太さは2.5mmくらいの太麺。先日行った、石神井公園の井の庄より確実に太く、色も茶色味が濃い。
井の庄を、ごく普通の魚介とんこつ系風の個性に乏しいつけめんと思ったが、ここ丸めのつけ麺はラーメンに劣らず超個性的。表面にスープダレの成分と混じり合った脂が膜を張っているので色は薄く見えるが、かき混ぜると下から醤油色の濃いスープが上がって来る。
ぶっとい拍子切りのメンマ、サイコロチャーシューを落としてあるのと、魚粉がトッピングされているのは他の店と変わらない。
ただし、この店は強烈な魚介系スープの店なので、脂以外はけもの風味がほとんど感じられない。
この強い醤油風味は、蕎麦用の麺つゆと同じ作り方に思える。醤油の種類にこだわったり、煮立てたりと云う事だけでなく、蕎麦用と同じように煮きった味醂と醤油を熟成させた「かえし」と同じなのではないか?そうでないと、これだけ強い風味なのに臭くない理由が良く判らない。
普通に街中の蕎麦屋に行けば、たいていは二八蕎麦を出している。二八と云うのは蕎麦粉2割小麦粉8割と蕎麦粉の量が意外と少ない。だから、鰹出汁はしっかり利かせても醤油の強い蕎麦屋はあまり無い。強すぎれば2割の蕎麦粉では負けてしまう。やたら甘いつゆを出す店も多いが「お前は大阪人か?」と云いたくなる。
話は逸れ他が、丸めの醤油味はそんな感じ。ラーメン用に強くしてはいるけど。それに背脂プラスか。

ともかく、他店より「濃い」と云うより「強い」スープなのは間違いない。麺もこのスープに負けてない。
ラーメンが好きなので、普段あまりつけ麺は食べないが、丸めのつけ麺ならばこの店を目指して行っても良いかな。直ぐ隣に、やはり名店の竹屋もあるしね。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/168-6fdda8f6

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する