FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

国分寺 利休

国分寺_利休
今年最初のラーメン紀行。数年前から友人と、月一くらいのペースで行っているラーメン紀行。地元近くの、近年旨いラーメンやが増えていると云う東久留米・所沢近辺からはなれ、国分寺北口にある評判の高い利休へ行って来た。

この店も、最近多い「ラーメンもあるつけ麺屋さん」だが、偏っているという事は無い。つけ麺オンリーなどと馬鹿げた事を考えている店と比べれば、かなりまっとうな店だ。
マンションの一階の一隅にある店舗は、写真の通り「利休」と云う名前から連想されるシックな造り。店内も黒を基調に落ち着いた構えだ。必須の「女性客集客」のためのアイデアのように思える。野郎としたらラーメンが旨ければそれで良いのだか…
利休_塩チャーシュー麺塩チャーシュー麺
友人が、醤油を注文すると云うので自分は塩を券売機で購入。お初の店でも「チャーシューメン」を食べるのはいつもの事。
東京の塩ラーメンにしてはかなり透明度の高いスープ。表面には香味油だろうか? 適度な油が浮いている。
レンゲで一口、はっきり言って甘い。塩ラーメンと云う名にはふさわしくない甘さだ。塩っけをまるで感じない。健康を考えれば塩を感じないのは良い事かも知れないが、なにか物足りない。
ただし、出汁は充分にとれており「塩ラーメン」と思わず食べれば、これはこれで美味しい。
メンマも柔らかく、スープと違和感を感じない味付けだ。チャーシューは、一見パサパサッを感じさせる見かけだが、充分に脂は残っており旨い。
食券提出時、「麺は普通と中、どちらにしますか?」と聞かれ、普通と答えたが麺の量はいささか少なかった。
どうやら「普通」は女性客向きのよう。中が一般的な麺量であり、大盛りメニューがあっても問題ないと思う。
利休_醤油らあめん醤油らあめん
友人が注文した醤油らあめんは、一見味噌ラーメンののような色味。「むらさき」とも云う醤油の色でなく、茶色と云うか黄土色。レンゲでひと掬いスープをいただいたが、塩と同じように「醤油」らしくはなかった。
基本的に、塩と醤油ではスープそのものの材料が違うだろうから比較の対象ではない。だが、「利休」と云うこの店のカラーと云うか、塩も醤油もさのままの風味では使用しないと云う事か?
以上のような違和感と疑問も残ったが、どちらも大変美味しいラーメンだった。
近所にも欲しいなぁ?
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/142-9524cac0

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する