@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

Ale House

AleHouse_01
昨晩、北池袋…町名で云えば東池袋のイングリッシュパブ"Ale House"に行って来た。アイリッシュパブのつもりだったんだけどね(;^_^ まぁ、日本人にはあまり違いは分からないっ。

AleHouse_02店内入口付近とカウンター
パブにつきもののカウンターも無いに等しいし、キャッシュ・オン・デリバリー、その都度支払いをして注文するあちらの方式でもなく帰り際に総額を支払う一般的な会計方法。

AleHouse_03広さ的には30畳くらいですかね。
ステージにはなっていないがライブのできる設備があって、演奏のある日は盛り上がっているのでしょう。
昨晩は、天井から釣り下がった20インチクラスのモニターと、奥の壁面の70インチクラスと40インチクラスのモニターにはジャズを中心にジェフ・ベック・グループの演奏なんかが流されていた。なんか、イングリッシュパブでも無いような雰囲気だ。多国籍パブ? もっとも、本場のには行った事はないので比較もできないのだが…

開店早々だったので先客はなし。嫁さんと2人、入口に近いテーブルに陣取ってまずは"よなよなリアル・エール"を1パイント。ここはやはり食い物は"フィッシュ&チップス"!! 加えて"ソーセージの盛り合わせ""ピクルス""アイリッシュ・シチュー"を注文。腹減りだったので、まだ追加するぞ。
ボリボリグビグビを繰り返し、2杯目は"サミュエルスミス・ペールエール"。少しコクのある"よなよな"で口慣らしの後は香ばしさいっぱいのフルボディ系エールでしょう。
スコッチエッグとビーフジャーキーを追加して、いいとこ腹が満たされて来た3杯目は"スピットファイア"です。第二次世界大戦、バトル・オブ・ブリテンをイギリスの勝利へ導いた戦闘機にちなむエール。辛口なガツン! と来るはっきりした味わいのビール。同じエールでもサミュエルスミスとはずいぶん違う。

1パイント=473ccくらい。ロング缶にちょっとかける量だけど、ここまで1.4Lくらいも飲んで来た。アルコール的にはまだまだいけても、ちょっとトイレが近くなって来たので最後はドイツビールで軽くしめる。
Beck'sは国産のビールに非常に似た風味のビール。ここまで飲んだエールは全て上面発酵? 国産ビールほとんどの製法である下面発酵はドイツで開発されたものだから、このBeck'sも下面発酵なのだろう。
ワインといいビールといい、それぞれ各国に旨い酒は沢山あるけど、ドイツのものは非常に日本人の口に合う。濃いめのエール3杯の後のドイツビールが、どれほど軽い口当たりか! もちろん"第3のビール"なんかと違い、コクがあるから「油料理の後のウーロン茶」つー例えも変だけど、そんな感じ。

アイリッシュ・パブの老舗"ダブリナーズ"の池袋店が、ライオンの傘下に入ってから非常に質が落ちたと云う。もともと"ライオン"はドイツのビアホール風。だからと云う事は全くないが、ライオンそのものも店舗に拠っては店員さんの程度が低い。「ここは安い居酒屋かよっ」って怒りたくなる事も。居酒屋なら良いわけでもないが、ビアホールとかパプは雰囲気も味のうち。店員がガサツな応対しかできなけりゃ、旨いものも不味くなる。
そんなわけで、違う店は無いかと探して入った、Ale Houseはこじんまりとした店だが、ビールとスコッチウイスキーそれぞれが50種ほどは置いてある。店員さんも、地味で元気なさ目だが応対は非常に丁寧。これでビールと料理が旨ければ問題ないのです。ただまぁ、2人でビール8杯と料理で一万円!! パブでこの金額はちょっと食べ過ぎか!?
でもまぁ年明けくらいにまた行きたいものです。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/134-124360f9

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する