@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

名代にぼしラーメン時代屋

名代にぼしラーメン_時代屋
用事があって実家へポタリング。往路、店の目前を通過したラーメン屋「マツモトツヨシ」に寄ろうかとも考えたが、あまり空腹でなかったのでひばりケ丘の候補二店のどちらかにと変更。復路、路地をうねうねと抜けひばりケ丘北口駅前へ。一年前くらいに、やはりポタリングで訪れたら休店中だった「名代にぼしラーメン時代屋」に到着。

「名代にぼしラーメン時代屋」は、以前…たぶん五?六年は確実に前の事だが、JR武蔵野線新小平駅近くの新青梅街道沿いにあった「時代屋」に入った事があった。煮干しと云うか。節系の出しの利いた、今時では「めっちゃ旨!!」と云うほどラーメンではなかったが「中華そば」世代には不思議となじみ深い風味のラーメンだった。
「店はまだあるか?」と思い、ネット検索してひばりケ丘店を見つけたのが昨年の事。リベンジのリベンジで今日ようやく食べことができた。
入店してチャーシューメンを注文。待つ間に「以前、新青梅の方にもありましたよね?」と質問すると「やる人がいなくなっちゃってねぇ」とひと言。そうなのだ、時代屋はチェーン店だったのだ。聞くところによると保谷の方にもあるとか。今度行ってみよう。

で、肝心のラーメンは「何か、ほっとする味」。新青梅の店の味は覚えていないので何ともだが、チェーン店ならばそうは変わるまい。ラーメンそのもの写真は撮り忘れたが、基本はどこでも見かけるチャーシューメン。
チャーシューが五枚くらいに、醤油メンマが多過ぎず少な過ぎず。1/6くらいのサイズの海苔が一枚。最近では珍しい鳴戸巻きが二切れトッピング。
今日は「細麺」で食べたが、煮干し出汁と醤油というよりは塩味がベースのスープには太麺でも合うかも。これは次回挑戦。

今時流行のスープではなく、20?30代の若造達には物足りないかも知れない。激辛好きの舌には味を感じられないかも。しかし、中華そば世代にはしっかり出汁のとれたスープは週一くらいならまったく飽きないだろう。
名代にぼしラーメン_時代屋
東京都西東京市ひばりが丘北3-3-14 電話番号0424-24-877
営業時間11:00 - 01:00 定休日月曜 駐車場なし
本店: 渋谷 ほか支店多数

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/126-43b7a1e7

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する