@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

招徳・純米にごり酒

招徳純米にごり酒
普段、購入する酒にはひとつの基準がある。月桂冠だとか松竹梅、菊正宗や大関・黄桜などの大手酒造メーカーの酒は呑まない、と云う事だ。なぜって、それなりの金額を出さないと呑めたもんじゃないからさ。
そこへいくと、地方の地酒はそこそこの金額で(はずれも多いが)いろいろ楽しめる。ここ数年、そうした事から地方の知らない酒ばかり購入して来た。そうなると当然、酒処として有名な場所の酒からは遠ざかるわけで、伏見や灘の酒は買った事が無かった。そうした中で、ラベルのデザインに目を引かれ購入したのが伏見の「招徳・純米にごり酒」だ。

飲み口は、一般のにごり酒に多い乳酸発酵したような独特な酸味が無く、ざらつき感も少ないためサラッと呑める。この口当たりとラベルデザインからして、蔵元の社長か責任者は女性か? と思いググってみたら杜氏さんが女性のよう。写真から社長も結構若そうで、新規なものへチャレンジしている蔵元と受け取れる。そうした環境で作られたのが、この酒のようだ。
自己主張が強くなく、アルコール感も弱いので食中酒にぴったりか?

伏見の招徳? いままで見た事はあるのかも知れないが、覚えは無い。
日本酒は奥が深いなぁ

招徳酒造株式会社 京都府京都市伏見区舞台町16
原材料: 米(五百万石・日本晴)・米こうじ 精米歩合: 75% アルコール度数: 15度
日本酒度: -12 酸度: 1.7 アミノ酸度: 1.7
杜氏: 大塚真帆

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://cloudcity-tokyo.me/tb.php/100-6b9251b2

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する