FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

≫2019年01月04日

らぁ麺やまぐち in 早稲田

以前からその評判を訊き、いつか食べに来たいと思っていた"らぁ麺やまぐち"。
足が自転車か鉄道しかない自分には、メトロ東西線の高田馬場駅と早稲田駅の中間あたり。
都内だというのに、自宅からだとなかなかアクセスが厳しい。
今回、念願叶いようやくの訪問。
らぁ麺やまぐち

昼の部は15時までで、中休みがあるはずなのだが、知人と店に入ったのは昼の部終了間際。
その後も続々と客の足は続く。
客の入りによって"中休み"は無し?
それくらい客足が伸びる店だ。

以前は通りを挟んだ反対側に店舗があり、移転後もっと大きい箱になるのかと思っていたのに・・・
と言うのは同行の知人の話。
収容人数の増加がほとんどなく、移転した意味が分からないとか。
今回は腹減らしではなく、店の前を通りかかったので折角だから食べていくか、という事でデフォとなる"鶏そば"のチケットを購入。

一番奥の左側に小テーブルがあるにはあるがカウンターのみの店と言ってよい。
バイトが入ってはいるが、基本的にはマスターひとりで切り回す個人店。
麺茹での寸胴には"てぼ"が6つだったか?
最大でも同時調理はその数だから、毎日の開店早々でなくともかなりの頻度で待ちが出る事になるか。

カウンター上には1人用の四角いトレイが常時置かれ、丼はそこに配膳される。
縁の部分が反り返り、直接スープを啜るにはちょっと面倒そうなデザインの丼。
直径はそこそこの大きさがあるから、スープも麺もそれなりの量になりそう。
早稲田大学の近く、と云う土地柄のせいか、やはり最低限の量は必要。
替え玉もその場で頼める。
鶏そば
鶏そば
柔らかだが、ズズズ・・・と圧するように口内に広がる旨味のスープ。
"濃い"とは感じでもしつこくない旨味は圧倒的で嫌味は全くない。
麺にもスープに負けない力強さがあり、一杯の調和が絶妙に取れている。
鶏ガラ醤油であっても、この力強さならば替え玉を食べても味が薄まる事はあるまい。
後味も旨味の余韻が残るだけ。

うんちく

駐車場もない店だし、最寄駅からでも1キロ弱くらい?近いとは言えない。
アクセスが良いとは言えない店だが、わざわざ食べに来る価値は大。

食べ歩きを決めるならば、是非!と他人にもオススメしたい店だった。
=====================================================
追記、2019,3,21(2回目)
つ〜か、写真のみ
やまぐち 鶏そば+ミニ豚丼セット
鶏そば+ミニ豚丼セット

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する