FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

≫2018年11月

博多らーめん長風 in 東久留米

池袋駅を出て、武蔵野台地を西へ西へと走る西部池袋線。
西武鉄道の歴史を調べるかすればわかるのだろうが、所沢駅は元来交差する新宿線の駅であったはずだ。
それは線路の流れと駅舎の向きをみれば一目瞭然。
久米川駅から真北に転進した新宿線は、蛇行・斜行をしながらも真北の川越に向かっている。

引き換え、池袋線は所沢駅を中心に大きなS字を描いている。
所沢駅手前のカーブの頂点から、そのまま真っ直ぐ進んで西所沢の先で接続してしまった方が、飯能方面への時短になるのでは?と思ってしまう。

まぁ、もともと西武線というのは細切れだった私鉄をつなぎ合わせた路線だから、用地買収と街の発展具合で真っ直ぐであるはずのモノを曲げ、曲げるモノを真っ直ぐにした変な路線なのだ。

東久留米駅は所沢までの都心部で、唯一東口のある駅・・・ってか東・西口だな。
ほかの駅は全て南・北口となる。
もう結構前に西口は再開発でロータリー付きの綺麗な駅舎になっている。
それより随分たって、ようやく東口も綺麗になったが、その頃4〜5年ほど前、この"博多らーめん長風"が入るテナントには"武鳳者~OUTLAW~"と言うラーメン店があった。
武鳳者b

詳しくは調べず確認も取らず、自分の経験と印象から言うと"ここは春樹の道場"としての店舗か?
全く事情通ではないので想像だけで書いているが、長風は前の"希家"の居抜きと言うか看板を掛け変えてるだけの印象。

2015年の3月に入った時は春樹に変わっていた。
2017年の12月に入った時は希家になっていた。
それぞれ開店当初に入ったわけではないので、新規開店がその時期とは限らない。
それでも言えることは、ここ数年ごとに春樹系の店が看板を揚げ替えてるみたいだ。

まぁ、それが何だ?と言われてしまえば答えはない。
ただ、こんな代わり方を見ていると、そこに何か意味があるのかと勘ぐってしまいたくなるものだ。
博多とんこつらーめん長風

今度の"長風"は、博多とんこつらーめんと名打ってるだけあって、これまでとはちょっと毛色が違う。
これまでは、"家系"カラーで押していたメニュー作りが"博多"押しになり、濃厚とんこつの"家系"もあるよと言う感じ。
魚介つけ麺もあるから、人気ラーメンの良いとこ取り"全部のせマシマシ"かも。
店頭のメニュー

メニュー

白・赤・黒と3種ある博多系は"一風堂系"か?
それとも、博多の今の流行り?そっちの方は全然詳しくない。
3種にそれぞれトッピングの異なるメニューがあるから、ラーメンメニュー総数は膨大のものになる。
今回はもこの店の基本形となりそうな"博多の白"を選んでみた。
白チャーシュー全部のせ

スープは、東京で良く見かける博多ラーメンのベーシックな淡麗とんこつ。
デフォだとゆで玉も載らず、ペラペラに薄いチャーシューと刻みネギ・細切りキクラゲだけ。
そもそもチャーシュー好きの自分が、トッピングを追加せずにいられようか!って。
淡麗なスープと、これらトッピングとの相性が最高というのも博多マジックか?

相性のベストマッチなのだが、別のデフォとして大抵の博多系の店に置いてあるのがスリゴマと紅生姜。
最初に追加しても良いのだろうが、食べかけてから好みのタイミングでそれらを投入する。
これによって、穏やかだが確実に風味を変えられ更に旨くなる。
替え玉が当たり前、スープが薄くなる博多ラーメンのアイデアだ。
店によっては、替え玉のための塩ダレを用意してるところもあったり。

期間限定のようで、その実ずっとやってそうな「一玉まで替え玉無料」制。
博多の基本的なことはコピーしていて、この店のデフォは今や博多ラーメンとわかる。
こらっ、家系を捨てる気か!?って(笑

西武沿線も最近では"家系"だらけ。
これだけ増えると店の個性を打ち出すのも大変なことだろう。
ただし、博多でウルにしてもやはり個性は必要ではないか?
飲みの〆に食べるラーメンを、普通に昼間食事代わりに出しても個性は出ない。

実際、ここの白はマイルドで当たり障りがなく、どこにでもありそうな感じ。
その個性を出すために"赤"や"黒"があるのだろう。
次回、そのどちらかを食べてみたいと思った。

らーめん「せい家」 ひばりヶ丘店

2015年オープンのひばりヶ丘店。
自分の感覚からすると"わりと最近"と云うところ。
ひばりヶ丘はそこそこ近いが、だからと言って行く用が無い。
そもそも北口の駅前再開発中、雑然とした場所へ行く意味も無い。

無い無いと言っていたら、行く用ができてしまった・・・!
この場合、用の方はどうてもいいとして「行くならばっ、美味いラーメン屋は!?」となる。
ひばりヶ丘といえば、もうある意味全国区の"らーめん二郎 ひばりヶ丘駅前店"がある。
しかし、二郎以外は力のある店が無い。
決め手に欠き非力なんだ。

で、仕方なく、二郎以外で比較的評価の高い"せい家"に入ってみた。
チェーン店で仕方ないとはいえ、店の造りは安っぽい。
王将や日高屋などと変わら無い。
"家系"の方が少しはマシか?

フロアの形がデコボコと変形してるせいでテーブルの配置が難しそう。
結果としてはテーブル間にゆとりのある配置となっている。
席間もゆっくりしていて"詰め込み感"はほぼない。
カウンター席の荷物置きのカゴの数もバッチリ、男でも嬉しい。
天板の奥行きにも余裕があり、昼時の混雑時でもゆっくり食事を摂れそう。
せい家_店内

せい家_但し書き

せい家_メニュー

カウンターのはずれに陣取る。
後払いのため着席してからゆっくりとメニュー選び。
"家系"とは知らず入ったので、太麺・細麺選べるところの"細麺でせい家セット"を注文。
セットの内容は、デフォのラーメンと白髪ネギ山盛りのミニチャーシュー丼・餃子3個。
せい家セット

細麺は博多ラーメン的だが、トッピングの具合を見て、あれ?これは見覚えがある・・・!
そうそう、家系だよ。ウチの近所にある家系とかなり似ている。
着丼してからようやく正体に気づく・・・落第だ、店名の"家"に気づけって。
ただ"横浜家系"と銘じて無いので"家系"風なのかもしれ無いが・・・。

ラーメン自体の麺量が標準的なので、この内容でそこそこお腹は満ちて700円は高コスパと感じた。
ただし、スープの塩味がちょっと強い。
現在、ひばりヶ丘駅北口は駅前開発の工事中。
体を使う工事関係者の、夏場の塩分補給にちょうど良かったかもしれない。
が、一般人には塩っぱ過ぎ?年寄りにはキツイかも。

塩味が強すぎたので、ワンコインからで低価格と言われても次回をちょっと躊躇する。
スープを残せばいい、と云う事もあるが、残さず飲みきるのがポリシーの自分にはちょっとキツイ。
まぁ、今日だけたまたまかも使れないので、2度目くらいはありにしておくか。

店の立地として、以前ならばごちゃごちゃした中に埋没だったが、駅前開発で今やいきなり一等地!
場所的にも目立つし入りやすくなったので、これからが勝負!ってことだろうか。

究極ラーメン横濱家 都筑インター店

所用で横浜へ行った帰り、まともな昼飯を食べてなかったので、さぁどうする?となった。
このままでは帰り着くまでには絶対に腹は減る。
減った段階で店に入るには、都内の渋滞は酷いし食べてる間に更に渋滞は酷くなる。
たまたま通りすがりにこちらを見つけ、横浜の横濱家だったので入ってみた。

"家系横濱家"は、なんかダジャレのような名前になるからか?
看板は"究極ラーメン 横濱家"となっている。
横濱家ならば、すなわち家系とすぐ分かるからさもありなん。

レジに大抵の場合待機している店員さんに人数を言って案内してもらう。
後払いゆえ、椅子に座ってゆっくりとメニューを選べるのはやはり良い。
初めての店、ネットでリサーチして無い店はパッとはメニューは決まら無い。

横浜市都筑区と云っても、郊外店ゆえ土地には余裕がありフロアは広め。
横に長い建物の真ん中に玄関はあり、右半分が厨房、左半分が客席。
フロアの中央にコの字型のカウンターと外壁沿いに喫茶店にあるような小型の二人掛けテーブルが取り巻いている。
奥の方には四人掛けとかあるのかな?
窓が上半分円形の、西洋チックで鎧戸が閉まってるスタイル。
元々は喫茶店か何かの建物か?

鎧戸を閉めたままなのは照明効果を狙っているか?
スポットライトでテーブルを照らし、自分の目の前のラーメン丼に目線を集中させるのが狙いか?
まぁ、色合いによってはラーメンを美味そうに引き立てるかも。

"ネギラーメン"を注文。
待ちの間のお供に、居酒屋で言えば先付けとかお通し代わりに"トッピング食べ放題"のコーナーにあった"ザーサイ"を小皿にいただく。
ポリポリと食べるが、見かけも味付けもどこにでもある業務用な感じで特に悪くも良くも無い。
ビールのアテにはちょうど良いかな?
この日は冷水のアテではあったけど・・・。
横濱家_都筑インター店_ザーサイ

待つ、と言うほどもなく丼着。
家系もいろいろな系統の店で食べてきたが、「これって、とんこつ醤油?」という感じ。
麺の固さ等々を選べる家系だが、全て普通で頼んだら"味"も普通〜って感じか。
とんこつの風味が弱い、さりとて醤油の風味が強いというわけでも無い。
じゃぁ味が薄いかと言われれば、ほぼほぼちょうど良い。
すっごく淡白な感じ。
横濱家_都筑インター店_ネギラーメン
同行者の"塩とんこつ"と比べると、見た目からしてちょっと違うのだが・・・。
なんか普通の塩ラーメンの"家系版"?

悪いわけでもなく良くもなく、なんか不思議なラーメンだった。
ただし、ネギラーメン880円(外税70円)にはちょっと割高感が。
食べ放題分が最初から100円くらい上乗せになってるか?
そう考えると納得いく値段なのだが。

好物のチャーシューがやたらと硬かったり・・・十年後だと前歯を折りそう(~.~
いつもなら、初店でもスラッとチャーシューメンを注文してしまうところだが、何か予感が働いたか?
申し訳ないが、店名負けしてるしチャーシューがうまく無い。
都筑区方面は、滅多に行く方向ではない以上2度目は無い店だった。

魁花 in 新座

ウリは"天然魳煮干だし"!
当初、PCのMapで観ていた感じでは、町の中華屋さん的なラーメン屋と考えていたが、都心部にあってもおかしくない綺麗でオシャレな専門店だった。

魁花

西武池袋線のひばりヶ丘駅と、東武東上線の朝霞台駅間を結ぶバス路線の通る道沿いに面している。
片側一車線取り付け歩道もない狭い道沿いだが、幸い敷地が角地なのでその隅切り部分に玄関を設け出入りしやすくなっている。

女子ウケしそうな外観に内装、当然男でも入りやすいから交通の便に問題ない人ならばお勧めの一軒と言える感じ。
店の脇と言っていいくらい、面する路地の反対側に3台分の駐車スペースと、路地裏の方にも4台分と単車等の駐車スペースがある。
自家用車利用の場合でも駐車の問題は一切ないはず。

玄関入ってすぐ右側に食券の券売機。
さらに井っぺ入って、左手にテーブル席。家族連れの利用に最適。
右手奥に向けてカウンターが伸びている。
カウンターのさらに奥へ厨房は伸びるが、そちらの奥の方でスープの工房になってる模様。
カウンターの背側に麺打ちの工房まであり、かなり気合が入っている。

メニューは、醤油・塩・つけ麺・油そばの4種。
トンッピングの違いがそれぞれ約5種。
昔ながらの中華そばもあったりで、メニューはかなり豊富。
大人数で行ってシェアするのも楽しいかもしれない。

今回は初訪問だったので、スタンダードな醤油味の"魁花らーめん"の全部のせ"Z"を注文。
この"Z"メニューだと大盛りが無料となるが、この日はパスして次回に!という感じ。
自家製麺で茹で時間は短い。着席後「待った」と気にするいとまもなくラーメンは出来上がる。
マスターとバイトの連携プレーで、チャッチャッとトンピングされるから家族連れでも提供時間差は少なそう。

魁花らーめんZ
魁花らーめんZは見た目濃い目の色合いだが、スープはこの店の売りの"天然魳(カマス)煮干だし"のスープは旨味たっぷりで醤油の風味に負けてない。
海苔・煮卵・メンマ・白髪葱などは一般的な内容で、他店との差異はあまりない。
チャーシューが低温調理?ここ数年でよく見かけるようになった、赤味の色合いが残るやつ。
大変柔らかく美味しいが、柔な肉質で好みは分かれるかな?

外見も中身もまだまだ綺麗なラーメン店。
カウンター席の背中側に麺工房があり、中休みの時間帯にはここで夜の部の麺が打たれてる?
更に、奥に深い厨房の再奥は"スープ工房"?
客席が20席足らずであるのに比べると、厨房に大変力を注いでいる感じがする。

現状でもレベルの高さを感じるが、あと一押しオリジナリティがあれば更に上位を狙えるか?
今回の"魁花らーめん"は濃い口な感じだったので、次回は"昔ながらの中華そば"で魳節の旨味をストレートに味わいたいと思った。

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する