@酒とラーメンの日々

≫2017年06月

つけ麺・らーめん 竹屋本店 in 東久留米

つけ麺らーめん・竹屋本店小金井街道通りっ端
ずいぶん久しぶりに食べに行ったが、いつも通りの店構え・・・ちょっと煤けてきたか・・・。

最初に行ったのは、もう10年以上前か?
当時は、老夫婦(ってほどには老けて無いようにも思ったが・・・)で経営していたと思う。
それから数年後、若い兄ちゃんに変わりバイトも入り結構盛況な店になっていったっけ。
この兄ちゃんは息子さん?

一列のカウンターのみだった店内に、新たに二列目のカウンターが背を向ける形で設置されたのはこのころの話。
フロアに多少の余裕があったおかげで増設できたが、この頃から世間では"魚介Wスープ"が流行りだした頃。
鉄道アクセスの悪いこの店が、完全に行列店となってしまった。

まぁ、天邪鬼ではなく並ぶのが単に嫌いに自分にとっては入れ無い店になってしまった。
それでも最近じゃ、落ち着いたというか他にもまともな店ができたというか、客足は落ち着いてやっと食べに行く気になったもんだ。
周囲のレベルが高くなれば、アクセスの悪いこの店の客足が落ちるのは致し方ない。
ただ、目新しさのまったくないこの店が繁盛しているのは実力あっての事。
いろいろ案内
支店を増やしつつテイクアウトも始めたのは、絶えず生き残りを考えなければいけ無いこの業態では正しいこと。
頑張ってもらいたいところだ。
カウンター上のものテイクアウトすりゃよかった
年を空けて食べに行くと、その店の歴史が見えてきたりして・・・
今回は前回よりもさらに店のそこらに年季が入ってきたかな?
店内が、特に汚いとか油っぽいとかでは無い。
あまりにキレイなラーメン屋は却って味が信用できなかったりもする。
そういった意味では、長く続いてるから安定してるんだなぁという事。

店に入ってすぐ、右手にある券売機で食券を購入。
トッピングの全てが増量されている「全部増し」を注文。
店員さんに渡すと"味と麺"の種類を聞かれるので、醤油の太麺で注文。
直径4mm程はありそうな太麺は、もしかしたらつけ麺と共通か?
ぷりぷりとコシのある太麺はここのスープに良く合う。
竹屋本店・全部増し・醤油・太麺全部増し(醤油・太麺)

ここのラーメンのスープは"つけ麺用か?"と思うくらい濃厚なスープだ。
レンゲのひと掬いは麺の存在感に助けられてか「濃いなぁ」くらいな感じ。
だが、麺完食後の残りのスープはそのまま飲むにはちょっと辛い。
だから、竹屋ではつけ麺用としてだけではなく"つけ麺・らーめんのスープ割用"としてポットに用意されている。
かなり濃いスープだが、もつろん化調は感じずくどさは皆無。
濃いのに結構マイルドなスープだ。

ジョボジョボ、というくらいの感覚でスープ割りすると、飲み干すに丁度良い濃さに。
ポットで保温され熱々のスープを注ぐ事で、魚介の香りが再び立ち昇る。
食べ始めてしまえば慣れて感じにくくなってくる香りを二度味わえる。
つけ麺では元からだが、ラーメンでこれができるのはちょっと嬉しい。

全部増しと言っても、トッピングは動物性タンパク質が多い。
ネギを山盛りとか青菜が載るとか、野菜がもっと欲しいようにも思う。
でもまぁ、全部増しのこの内容で890円は安く感じる。
1000円になってもいいから、ほうれん草盛とか野菜を増やしてくれると嬉しい。

つけ麺とにぼしラーメンの店 黒潮屋 in 東久留米

黒潮屋

もう4回目くらいか?
1年半に一度くらいのペースかな?
そう遠い店では無いけど、この近所に用のある場所がなく、ここへ食べに来るというだけの目的ではねぇ・・・来れません。
黒潮屋_メニューいろいろ

黒潮屋_チャーシューメンチャーシューメン
申し訳ないが"激ウマ"という程ではない。
平均点よりは上、食べログで言えばリアルに3.4くらい?ちょっと上の方って感じか。
トッピングまで綺麗に仕上げられ好感を持てるが、スープに対して麺が負けている。

出汁はにぼしと昆布だけ?って感じだが、にぼしの香りはそれほど強くない。
一般的に、チャーシューメンといえば、醤油ラーメンにチャーシューをたくさん・・・ってのが東京では普通。
札幌には味噌チャーシューというのもありますが・・・。
ここの細縮れ麺では、出汁が良く利いた濃い味の醤油スープには負けてしまう。
一般的なあっさり鶏ガラスープのラーメン用の麺だ。
ここのスープならば、味噌ラーメン等で使う"中太麺"でも充分イケるのでは?

4枚トッピングされるチャーシューは、薄肉をロールしたものではなくベーコンのブロックと同じような処理のもの。
それを薄切りにしているから歯ごたえのありそうな見かけだが、実は口に入れた途端ホロホロと崩れる柔らかさ。
味付けはあっさりしたものだが、濃い味のスープと良くあって美味い。
濃い味付けのメンマも、スープの味がのることを考慮してもう少し薄味だだと良かったかな?

何度か通っているが、いつ来てもイメージの違いがないラーメン屋さん。
安定感と安心感の店だった。

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する