@酒とラーメンの日々

≫2017年04月

拉麺丸晢 in 東村山

拉麵丸晢
"ここに"新しく"またラーメン屋"が出来たと知って、勇気があるなぁ〜と・・・
本来ならばそう書きたいところなのだ。
が、何日か経って、それよりもラーメンつくってるオヤジがいかにも面倒くさそうな感じだったのを思い出した。
「このオヤジには勇気は不要だ・・・!」

メニュー

"オヤジ"と書いたが、もしかしたら自分より年下かも・・・野郎の年齢はいまいち分からんことがある。

自分の知る範囲でも、一年前は「光 東村山店 」その前は「麺屋宗とりそば総本店」があって、さらにその前もラーメン屋だったはず。
短い期間に入れ替わり立ち替わり店舗が変わった条件にあって、「また、ラーメン屋ができた!」と感心してしまった。
新規に店をやる人は、それなりにそこの履歴は調べてるだろうから"!!!"くらいには思ったはず・・・なのだと思う。

店内_メニュー

店内は左半分が狭い厨房、右側がカウンター席。狭いと書いたってことはカウンターのみは当たり前であり尚且つ狭い。
厨房手前側にも2席ありますが・・・。
以前からとレイアウトには変更がない。アクセサリー的な内装をちょっといじくっただけな感じ。

狭いからか食券の券売機も置くほどでなく、手持ちのメニューもなく、壁のお品書きを見て注文する。
ネットでも下調べしておいた、中華そばと炒飯を注文。
"丸哲飯"なんて名の、この店のデフォっぽいメニューもあるが、それは次回。
中華っぽい名のメニューの多い店だが、ご飯ものでありそれがカレーだったりもする。
ちょっと面白いメニュー構成の店だ。

中華そばは、雰囲気としては「昔ながらの中華そば」みたいにも見えるが、表現するならば平成の"塩中華"って感じもする。
醤油っぽさのない"あっさり系"の中華そばで、脂が少なめならば食べ飽きがこないで毎日いけるかも。
麺も茹ですぎ、もう少し固い方が良いと思う。さらなる研究を求む。
中華そば&炒飯
炒飯は、個人的にと前置きして、結構好きな感じ。
味付けは中華そばよりはっきりと化調風味のわかる味。
化調と分かっても、全体の雰囲気がそれこそ"昔ながらの感じ"で子供の頃を思い出す。
ただし、これにもクレーム!
ジャーでの炊き立て保温でも良いのだが、炊飯の水加減が多すぎる。
もっと水加減を減らして炊いてくれれば、炒飯の米ももう少しパラパラとする。
美味しい白米のモチモチになりすぎて、かえって炒飯としては減点になる。

ラーメンも炒飯も化調全然あり、って作りなのでそれが嫌な人は行かないように。
「化調がダメ」なんて評価されても困ってしまう。
メニュー構成などは全く違うのだが、40年以上前の"町の中華屋さん"的な雰囲気も感じてしまうラーメンたち。
客の意見や要望なんかを聞いてもらって、安定的に変化していってくれれば今後も食べに行きたい店になりそうな感じだった。
近年は、ラーメン屋はあっても中華屋さんがないんだよねぇ〜

Ghost in The Shell

Ghost_in_The_Shell_n
先週の頭、公開3日目だか4日目?
自分としては驚異的に早い段階で観に行ってきた。
いつもだと"3週目"だよな。

うちはまぁ、事情的に漫画の話題は多い。
アニメも映画もそう。
そうした中では「攻殻機動隊」も「Ghost in The Shell」もけっこう日常会話の単語のひとつだったりして。

こっち(東京)では無名だった頃から士郎正宗のことは知ってるから、けっこう歴史は長い。
ドラマは無いけどビジュアルセンスは過ごしなぁ〜と思っていたら、単行本が出たらあっという間に評判になった。
で、押井守がアニメなんかにしたもんだから、いまやクール・ジャパンの代表選手の誰もが知るような作品に。
勢ってのは凄いね。作品自体の勢だ。

押井のアニメは原作の違う側面を、それこそクールに観せる作品。
テレビでのS.A.Cは、素養の無い人間には受け入れやすくクセをなくした作品。
そして今回のスカーレット・ヨハンソン主演の実写といえば・・・。
なんか"外してる感"がある。

妙に、義体では無いない"生身"の身体にこだわる人間のメンタルを情緒的に捉えすぎでる感じ。
そりゃ、生身が良いに越したことはないが、義体にも良いところはありそう。
現実世界では、特に、両足義足のランナーはじきに生身の人間より速く走るようになる、とも言われてる。
義体にしろ義足にしろ、必要に迫られたものであれば、案外ひとは素直に受け入れるかも。
意識を取り戻したミラ(素子あるいは少佐)に、
「任務中の事故で身体を喪失」記憶喪失もそうだと刷り込めばいい。

目覚めからたった1年で、9課の任務を背負い「少佐」と呼ばれることにはかなりの不自然さがある。
その1年間の描写を一切せずに、事件後突然に自分の出自に疑問を持ち出す・・・無理があるよなぁ。
もし疑問に思わせるなら、度重なる「違和感」を与えなければ。
「少佐」に簡単になり、突然「少佐」であることに疑問を持つ。バランスが悪いよな。

自身のアイデンティティに自信を持つのも疑問に思うのも、人間って結構時間のかかることだと思うが・・・。
いかに?

ビジュアルは原作の士郎も惹かれたであろう、ブレードランナーの世界観をちょっと垢抜け無い感じで引きずっている。
もう少し上手に未来の日本をパロってくれまいか。パラレルワールドでいい。
街並みの多国籍感は、ブレードランナーの方がかなり上手にビジュアル化している。
Dr.ストレンジの香港の方が、よっぽど洒落たパラレル未来を表現しているぞ。
(そうそう、2月にDr.ストレンジも観てたんだっけ)

スカーレットが随分と寸胴でごつい体つき。
アベンジャーズのシャープな黒スーツ姿は何処へ?
これでの体つきは"義体スーツ"を着ている?
まぁ光学迷彩を使用するときは、すっ裸になるわけだがスカーレットをそんだけの理由で剥くわけにもいくまい。
どうせ"義体"の繋ぎ目が見えるんだからスーツを着せちゃえ!
でも、裸に着てもらってアクションするから"保護用"に厚めにし無いと・・。

でもって、素肌にとはいえ"厚手"のスーツを着たスカーレットは"裸"なのにごつく見える結果に・・・。
かなすぃ〜です。
グリーンでもブルーでも良いが、スーツ着せて後はCGで処理してスリムにしろよぉ〜。
この映画、スタッフの手はずが悪いよな。

いろいろあって、1.5流の映画って結果になりました。
星5が最高のサイトならば、3と4の間。3に近いか。
10点満点だって当然6点台。
及第点だが、特に優秀な出来ではない。

自分の実が「素子」という日本人であることを知る際の実母との対面シーン。
スカーレットの表情だけで"それ"が分かる。上手いっすねぇ〜
ただし、実母役の"桃井かおり"がいけ無い。
あっ、桃井さんが悪いんじゃなくて、吹き替えの問題。
あ〜っ、吹き替え版を観たんだ。
素子以下、バトーもトグサも声はアニメ=オリジンなのだ。
と云うことで、なんで桃井さんが自分で吹き替えしてないの?
ダメだろ〜それじゃぁ。
荒巻は"たけし"が演ってるんだぜ。
あの滑舌の悪さでさ。一生懸命早口してんの。
"桃井節"で聞きたかったなぁ〜

観ようか迷ってる方へ。
レンタルで充分です。
あまり大画面は必要ないです。
以上。

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する