@酒とラーメンの日々

≫2017年01月

正月の酒

栄光富士_仙龍_純米吟醸無濾過生原酒
ここ数年、正月用に吟味した酒を用意しているが今年はこれ・・・ともう一本。

自分の性格を考えると「栄光富士」なんて名前は胡散臭くて、予備知識がなけりゃ手を出すはずもない銘柄。
ところがギッチョン!
最近はご無沙汰している吟醸酒の会で何年も、何銘柄も試させてもらい今では絶対安心の名前になっている。

川鶴Wisdom_純米直汲み無濾過生原酒
この川鶴も上記の仙龍と同じく「無濾過生原酒」だ。
生酒は、基本的に醸造過程の乳酸発酵時の酸味を残しているが、両銘柄共その辺は基本の基。
純米酒と純米吟醸酒の違いはあれど、その辺は変わることがない。

吟醸の栄光富士は川鶴よりも淡麗だが、純米の川鶴はコクが深い。
だがどちらも、最近の「純米酒よりも甘い吟醸酒、吟醸酒よりも淡麗な純米酒」なんてヘンテコな図式にハマらない。
どちらも生原酒らしい爽やかさの中に甘みと酸味が混じり合い、そこへわずかな雑味がスパイスのように感じる。
通常、酒の雑味は嫌味につながるがわずかなものならそれが味わいにもなる。
アミノ酸の旨味だけでは、銘柄はもとより蔵の違いさえなくなってしまう。
どちらの酒も、その辺のバランスが良くとれており、それが個性になっていた。

「仙龍」はいかにもな吟醸酒。
淡麗な中に生酒の酸味がほどよくバランスし、Wisdomはコクを残し淡麗ながらも純米酒らしさを主張していた。
我ながら今年も「正月酒」としての選択は「大正解」ということだった。

博多一風堂 六本木店

博多一風堂・六本木店

結論を最初に言ってしまうと「所詮こんなものか」って感じ。
ご当地でも、名前は有名なはずの一風堂。
ご同地で、ラーメンの実力がどの程度かは知らないがレベル低くないと思っていた。

東京近郊でも博多系のラーメン店はたくさんあって、結構な数の店で食べてきたが個人的には嫌いではない。
しかし、おおむね高い評判の店が少ないのも事実。
各地区で、No. 1を争う店はあまり見かけない。
「並に旨い」程度が博多ラーメンの実力か?
まぁ、あちらでは「〆のラーメン」だから並が良いのかもしれないが・・・。

博多一風堂・白丸チャーシュー(+2枚)
博多ラーメン店としての"原点の一杯"である、「白丸元味」にチャーシュー2枚追加して注文。
見た目もスープの具合も麺も、こちらでもよくある博多ラーメン。
鉄板と言っても良いか。
だから淡麗淡白なスープで、朝ラーでも大丈夫ってラーメン。
脂は少ないとは言えないが、決してくどく来ることもないから食べやすい。
ただ、この内容で780円はボリ過ぎだ。(写真はチャーシュー2枚追加して880円)
自分の希望小売価格としては、最低でも+刻みネギ+味玉を追加して欲しいところ。
そうじゃなきゃ580円ってとこが相場だろう。
六本木という地のなせる技か、割高だなぁと感じた。

横浜家系だったり、近年特に関東の方でも「とんこつラーメン」はウケている。
「東京とんこつ」は横浜ほどでは無いにしろ、博多よりは濃厚なスープ。
やはり"こちらの"人間は「濃い味が好き?」。
生まれが関西以西の人も多いはずなのに・・・。
淡麗淡白では、あまり満足感は得られないか?

決して不味いわけではないが、さりとて「これといった力がない」のも事実。
"原点"と称するメニューでこの程度だと、他のメニューへの期待感も薄くなる。
東京で食べるなら「東京とんこつ」で良いかなぁ〜

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する