@酒とラーメンの日々

≫2015年11月

そばきり すゞ木

店内
保谷近辺じゃ「名店」って良いんだろうけど、個人的には「一喜」の方が好きかな。

「一喜」も保谷駅からアクセスできる蕎麦屋。
駅からは歩きじゃちょっと遠いが行けなくはない。
南北に走る新たな新道沿いだから、車の方がアクセスが良いかもしれん。
ただし、駐車場がどうだったか・・・?
建物は一般住宅の一階を改装した作りで、実際はともかくとして、
「蕎麦職人が引退後、あるいは素人の趣味が高じて始めちゃいました」系。
だからメニューも町の蕎麦屋の延長上。
だがしかし、こちら「そばきり すゞ木」は店内もシックな高級感。
内装に関しては、完全に一喜を上回っている。
メニューの構成も会席料理風で一樹より上。
だが、しかし・・・

昼ランチ2500円のコースで予約した。
内容的には女性あるいは年配の人向けなのは間違いない。
まだ若いつもりの自分には、ちょっと量が足りなかったな。
きのこのもろみ和えと人参のきんぴら「きのこのもろみ和えと人参のきんぴら」
ズッキーニと塩こんぶと・・・「ズッキーニと塩こんぶと・・・」
だいこんのたまご味噌と煮浸し「だいこんのたまご味噌と煮浸し」
出汁巻玉子「出汁巻玉子」
メインの「せいろ」と「デザート」を除いた全7品。
どれも直径8〜9センチ程度の小鉢に、食べ方にもよるが3口ほどで食べることのできる盛り付け。
丁寧な仕事をしているようだが、どれも味付けというか火の通り方が家庭料理レベル。
まだハシリの大根は、ふろふき風に仕上げるにはちょっと固かった。
他の料理も想像できる味付けで、特別感はあまりない。

着席後すぐに蒸しタオルと蕎麦茶のサービス。
予約のせいか、注文の確認もなく料理が順々に配膳されていく。
飲み物の注文を聞かれなかったのは、昼は提供してないから?そんな事ないだろうけどねぇ。
言わなきゃ出してくんない?
でも、テーブルにメニューは置いてないしすぐに料理が出てきたからねぇ。
注文のいとまがない。
後で調べてみたら、ちゃんとポン酒のメニューもあるじゃないの。
こういった事も含めてのサービスだと思うんだがなぁ。
客の事情によっては、昼から酒を飲みたい場合もあるから、一品目の配膳前に確認してほしいところである。

せいろ「せいろ」
料理に関しては上記した通り、特別感はないがバリエーションに富み飽きさせることはない。
メインのせいろは、中央部が凸型に盛り上がった水切れの良いざるを使用している。
水切れはよいが、しかし見た目より量はかなり少ない。
確認したところ、追加注文に応える量は無いとのこと。
予約人数分、すでに蕎麦打ちしてしまってるってこと?
立ち食い蕎麦と比べると、量的には半分くらいか。
この量で満足できるかは、まったくもって個人差によるなぁ〜
自分の場合、蕎麦を味わう為にはあと少し量が欲しかった。

麺つゆはかなり濃い。
見た目は限りなく「醤油そのまま」な感じ。
そうと知ってて食べたことは無いが、これって「御膳がえし」ってやつなのかな。
濃そうに見えて・・実際濃いことは濃いが、もちろん醤油ぽいわけでは無い。
江戸蕎麦のような「つゆのちょっと着け」なら問題無いが・・・
さりとて鰹節の香りもあまり立たず、ここでも物足りなさを感じた。
単に「味付け」してるだけぇ〜って感じだな。
蕎麦自体が「江戸蕎麦」よりは「更科」に近い感じで香りは薄い。
そうめんに近い、蕎麦としては限界に近い細切りゆえつゆが強すぎるのも良くないか?
個人的には、蕎麦の風味と鰹節の風味がもっと立ってるものが好みだが・・・

料理がともかくとしても、メインの蕎麦の主張がない。
やはり、蕎麦屋の顔である蕎麦には個性というか特徴というか、もっと強さが欲しい。
現状では、しばらくすると「どんなんだっけ?」となりかねない主張のなさ。
「細くて味がなかった」なんて、弱点の方をいつまでも記憶されかねない。

全体的に悪くはなかったが、自分向けの店でない事は確認できた。
蕎麦そのものに関しては、一喜より確実に星0.5下だよなぁ〜
芋羊羹(デザート)「デザートの芋羊羹」
甘いもの嫌いゆえ、連れにパス!

花の舞

花の舞_本醸造と吟醸酒
静岡県は浜松の地酒「花の舞」だ。
「はなの舞」じゃあねぇよっ!

しばらく前だったら「静岡」は地酒と聞いてもイメージは浮かばなかった。
良くも悪くも「常きげん」の伝説の杜氏、農口 尚彦氏が静岡の蔵で仕事してから評判が上がったかな?
あんまり高い酒ではなかったと思うが「常きげん」のなんとかを飲んだ事はあるが、クセはあってもあまり上等には思えなかったけどね。

ここが農口 尚彦氏と関係してるってわけじゃ無いから、それはさておきとして・・・
今回は花の舞の「本醸造」を一献、二献・・・(ハハハッ
今時の、吟醸でも無いのに「柑橘系」が香る事は無い。
ごく普通にあっさりと、当然雑味などなく何を感じる事もなくサラッと入ってくる。
後から薄めたような水っぽさもなければアルコール感も薄い。
こりゃぁ「酒」としか言いようが無い。
あくまでもナチュラルで、他にあるのはほのかな甘みだけ。
スルスル飲めちゃうよな、これ。
これと言った個性は無いんだけどね。

冷蔵庫の扉ポケットでのちょい冷で飲んだ。
温度的には適温だったかな。

いろいろ試してみたい蔵のような気がする。

花の舞 吟醸酒

花の舞_本醸造と吟醸酒
本醸造に続いて「花の舞 吟醸酒」を一献。

桜のラベルで春爛漫・・・!?
ちょっと季節違いのご時分で・・・まあそんなもんだ。

基本、本醸造とあまり変わらない飲み口。
吟醸だけあって、いくらかスッキリとし甘みが強いが吟醸香は薄い。
ラベル見ながらじゃないと「吟醸酒」と分からない。
どちかって言うと純米酒に近い飲み口か・・?

ここ何年?吟醸酒ブーになってから、吟醸酒が甘くなってきた。
その代わりか?純米酒がサッパリ系になってきた。
両者の飲み口がが接近し、違いは吟醸香の多寡だけみたいな感じ。
この傾向は時分にとっては嫌いな方向性なのだが・・・

吟醸酒はスッキリと、純米酒はコッテリと。
昔はこうだったよなぁ〜
流行りに応えてあまり風味を変えて欲しくないもんだ。

麺屋黒琥 久米川

麺屋黒琥
ひと言、久米川が羨ましい。
地元より、うまいラーメン屋が駅前に多い。まぁ久米川に限らずなんだが。
東久留米も散らばってはいるが通いたい店が多いから、やはり自宅近辺はエアポケット状態な感じは拭えない。
ホント自宅の近所はラーメン不毛地帯と言っていいくらい・・無い!

町のラーメン屋で、そこそこの懐かしい味の店はあるが、ガッツリ喰いたい時には物足りない。
大勝軒でも二郎でも家系でも良い。
とんこつの美味い店が一軒あれば・・・
「めんりき」も生活圏にはあるが、あそこでは「ラーメン食いてぇ〜」とはなら無い。

今年9月の頭の開店時、たまたま前を通りかかったら結構な人だかり。
「ああっ新しいラーメン屋ができたんだ・・」とは思っていた。
ただ、久米川駅前は、他にも行きたい店が何件もあったから、客足が落ち着いてからにしようと思いつつの今回。
昼飯時も大分過ぎての時間だったので人はまばらだったが、自分が入る直前に3人さんほどの先客が。
加えて自分のと、いっぺんに注文が入ったせいか・・あるいは太麺のせいか?
出来上がるまで少し長めの印象があった。

券売機にて「黒琥ラーメン+特製味玉」の食券を購入。
黒琥ラーメン
食レポに、店のインテリアなり食器を含めるのはどうなんだ?
と思いつつ、黒いカウンターに黒い丼と醤油の黒さマー油・・・黒琥ラーメンだと全部黒い。
とんこつ醤油ラーメンなんかは、比較的白っぽいスープだから良さそうだが、ここは丼が全部黒だ・・・
個人的にはだが、あまり良い印象はない。
少なくとも色のせいで、手暗がりになりラーメンそのものが見た目あまり美味しそうに見えない。
黒琥ラーメンは丼の色を変えたほうが良いように思うが・・・

麺は太麺。
今よりは細めの、つけ麺が流行りだした頃のそれと同じくらいの太さかな?
餅のようにプリッとしてるというよりも、め麺の中心に多少の粉っぽさを残りたガッツリ食べる系。
製麺の具合が絶妙なのか、小麦をしっかり食べてる感じがする。

黒琥ラーメンは「マー油」たっぷりで黒い?
マー油というと「焦がしにんにく油」って事らしいが、これも過去あまり体験はない。
だから少ない記憶としては、もう少しクドさを感じると思ったら意外。
柔らかくにんにくの旨みが溶け込み優しい風合い。
ただし、このマー油、量が多いのかスープと混ざり合わず溶け合わず。
レンゲでスープをすくう時に工夫が必要となるかも。
マー油だけではあまり飲みたくないからね。

ここの「とんこつ」はコッテリ系ではなくあっさりに近いのか?
黒琥ラーメンの場合、マー油が効き過ぎてるせいなのか?「とんこつ感」を感じない。
「とんこつ臭」が苦手な人には良いかもしれないけどね。
メニューを見ただけでは「魚介系」は入ってないようなのだが、レンゲの一口目・二口目は「節系」の風味を感じた。
「節」と云うよりは、最近多い「魚粉」的舌触りかな?
マー油とこの魚粉味が相まって、とんこつ風味を消している。
美味しいが、どれくらい美味しいと評価しにくいラーメンだ。
たぶん、この曖昧さは上記しているマー油のせい。
下に油の幕が張られて味覚がぼけた感じがした。

高尾 香味屋

香味屋
「実家の墓」と言うか、もう実家は存在し無いので単純に「家の墓」と言うことになるか?
都内の最果て「高尾」にそれがある。
墓参りのつど、飯の不毛な土地だなぁと思っていた。
「まずい」とまではもちろん言わ無い。普通なんだ。
「わっぱめし」の店に何十年も前からたまに寄らせてもらっても「旨い!」と言う感動が無い。
すべて「普通」か「そこそこ」なんだよな、この駅の周辺は。
駅前の蕎麦屋も内容の割にはボッタます。
立地が良いからできる商売だ。

で、良い加減美味い食事をしたいなぁと思っていて、近年のブームならちっとはマシなラーメン屋はあるだろうと「食べログ検索」してみたら、ありましたよ。
この店も八王子ラーメンの店なんだろう。
お店で八王子ラーメンを食するのは初めてのこと。
なるべく程度の良い店で食べたかった。

車だと、都心方面から左折でJR高尾駅入口の交差点を通過し200mほど先の右側。
店舗に比べて広めの駐車場の奥の平屋がそれ。
通り沿いに店の看板は出ているが、車だと流れによっては見逃しそう。
赤い「ラーメン」のノボリが数本出てるから、それを目印にした方が良い。

店内は完全禁煙のようだが、建物外入口脇の左手に灰皿がありそこが喫煙スペース。
スモーカーはこちらへどうぞ。

厨房に面したカウンターと、4人掛けテーブルが2つの店内。
入店したのが12:30ほど。
席はいっぱいで少々待たされたが、お客は仕事中のおじさんが多く回転は早い。
週末のこの日、自分たちの着席後どやどやと客が増え始め、店を出た時には駐車場渋滞が始まっていた。
狙い目の時間帯は、開店から正午ちょっと過ぎまでかな?

ウッディな店内は清潔で雰囲気は悪くない。
肘のぶつけ合いになりがちなカウンターも、間隔にゆとりがあって良い。
ただし、荷物置きや上着掛が何もなく、この点は女子には不評かな?
メニューはシンプル。
単品ならば自分が頼んだ「ネギチャーシューめん」が最高値。
"おじさんたち"の多くが注文してたのは「らあめん+ライス」で700円。
コスパはまぁまあかな?
ネギチャーシューめん
やや小さめのドンブリはシンプルで真っ白。
こげ茶のカウンタートップと濃い色の醤油スープのラーメンには悪くない。
麺量に対して過不足ない量のスープの色は濃い。
が、醤油臭いこともなく、ラーメンスープ・タレとしての仕事がきっちりなされてる感じ。
低加水の細ストレート麺とよく絡む絶妙な旨味のスープは、驚くことに出汁感がほとんどない。
ほとんど無いけど旨味がある。
素材のバランスがよく、どれもが突出してないってことか。
それを「特徴がない」というかもしれないが、「これでもか」とやり過ぎのラーメンより良いと思う。
やり過ぎと感じる店が最近多いからね。
このサッパリなら朝ラーでも週十食でもいけそうな雰囲気。
「お母さんの味噌汁」的なラーメンだ。

チャーシューは厚切りな方。
薄切りならば「ホホロホロ系」と称される食感。
スープとは違う味付けがされているので、地元客以外にはチャーシューのタレを多めに掛け回してくれると嬉しいかも。
毎日食べても飽きないラーメンも、「この一杯」を目的にした客にはちょっとサパリし過ぎと感じるかもね。

これが「八王子ラーメン」なんだろうけど、刻み玉ねぎはあっても良いし無くても良い。
これがトッピングされるのが八王子ラーメンとも知っている。
玉ねぎの風味がアクセントになるのも理解できるが「必須」とまでは感じられなかった。
札幌ラーメンの場合の「コーン」にあたる気がするなぁ〜
でも、道産子は「コーンのトッピング」など、一切いたしません。
ラーメン横丁の店がデタラメをやっちゃったのね。
あと、弱点はメンマ。
量がすくなく味付けも分からない。
「ラーメンには付き物」感が拭えない。
もう少し力を入れて欲しい。

近年は、味の強いラーメンばかり食べて「ダメな自分」に成りつつあるのを感じる。
「勘違い中華そば」のお店も無くはないが、もっと基本に忠実なラーメンも食べないとダメだ。
そんなことを思わせてくれた一杯だった。

 | HOME |  »

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する