@酒とラーメンの日々

≫2014年08月

加賀山水 辛口吟醸酒

加賀山水_辛口吟醸酒
春先の「味わい純米酒」に続いて2銘種目の加賀山水。
この「辛口吟醸酒」のラベルにも「控え目な・・・」とあるが、「味わい純米酒」もジワッとくるような旨味の純米酒だった。
こちらは吟醸酒。旨味よりも香りや爽やかな甘味や酸味を期待するところだが、その期待を全く裏切らない。

元々、アミノ酸の塊のような日本酒が「辛口」である必要も無いし、造るのも難しい話だと思う・・・し、本当の意味で辛口な日本酒に出会った事は無い。まぁ「辛口っぽい」酒はあったけども。

この酒も厳密には「辛口」とは云い難い。
ポン酒としての辛口度も並かな?

吟醸香は薄く、甘味がちょっと強め。これはキリキリキンキンと冷やすと旨い。
ほのかな酸味と相まって、夏吟と云っていいような夏向けの酒に仕上がっていると思う。

加茂錦 無濾過・吟醸しぼりたて

加茂錦_無濾過_吟醸
たまに購入している「加茂錦」の無濾過吟醸。
いつもは純米だが、今回は醸造アルコール添加だ。
しかし同じ「しぼりたて」でも、これは販売店へは蔵元から直送だと云う。
店頭に並ぶ姿は写真のまま。
表ラベルの代わりに、封緘するように帯が張られたラベル代わりの紙のみと云うシンプルさ。
なんか試飲用の酒みたい。

純米ではないが「蔵元直送」はどこが違うか?
もちろん以前飲んだ「純米吟醸しぼりたて」を覚えているわけはないから、片隅に残る印象の違いだけの比較となる。
もともと加茂錦の無濾過は香りがフルーティ。この蔵元直送も例外ではない。
例外ではないが「ちょっと弱い」かな?
フルーティさも全般的な意味ではなく、この蔵元直送は林檎っぽいような・・・あくまでも「ぽい」感じだけど。
口あたりは醸造アルコール添加の酒特有な、濃厚だが軽めな感じ。
相反する「濃厚」と「軽さ」が同居している。
特徴の1つである「甘酸っぱさ」も、加茂錦の共通する特徴のひとつか・・・?

ともかく、蔵元直送が示す新鮮さを感ずるしで大変飲み易く旨い酒である事は間違いない。

ふるさとの地酒「秋川 」中村酒造

ふるさとの地酒_秋川
純米酒「高尾山」で味を占めたわけではないが、同じ中村酒造、謹醸の「ふるさとの地酒 秋川」。
メインブランドの「千代鶴」の一銘柄なのだが、謹醸とある以上何か縁がありそう。
説明書きは一切無いが、中村酒造の地元を流れる秋川に因んでと云う事か・・・?

ずいぶん以前、ブログを始めるかなり前に一度飲んだ記憶もあるのだが味など覚えているはずも無く、今度は意識してテイスティング。

「高尾山」とは違い、こちらは本醸造とか上撰など呼ばれる各蔵のスタンダードとなる造り。
以前から云っているが、醸造アルコール添加が悪い事とは思わない。
この「秋川」もそこはそれ、出来は悪くない。
特徴たる部分は、例えるなら「甘酸っぱい」って感じ?
酸味の後に甘味が後追い、二段構えか?
他に無いわけでもないのだろうが、ちょっと特徴として舌に名残る風味だ。

常備したい、とまでは思わないが、目についたら買っても良いかな?とは思わせる出来の酒だった。

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する