@酒とラーメンの日々

≫2013年03月

所沢 焼き団子奈美喜屋

奈美喜屋 焼き団子
焼き団子四兄弟なのだ!

数年前、某テレビの「ちい散歩」?だったか、比較的最近の「ゆうゆう散歩」だったかで紹介されて以来、ずっと期待と思いつつ、たかが焼き団子、いずれと思いつつようやく念願かなった。

串団子、と云えば普通は蒸した団子にこしあんをまぶすか、更に焼いて砂糖醤油の葛餡をまぶした御手洗団子がデフォなのかも知れないが、江戸っ子は焼いては醤油をまぶした焼き団子が当たり前なのだ。
あんこも砂糖醤油の葛餡もあり得ない。
世の中、甘いものがまったくダメな人間はいくらでもいるんだから醤油の焼き団子を忘れてもらいたくない。
焼き団子を出す店は、まず例外無く注文を受けてから焼く。それも大抵炭火焼だから、火をおこすのに時間がかかる。せっかちな江戸っ子には向かないんだけどねぇ〜
この奈美喜屋のおっちゃん、団扇で扇いで火をおこし過ぎ?おっちゃんが「せっかちな江戸っ子」かっ?埼玉なのに!?
外はお焦げで旨そうで、中まで温まってない。火力がちょっと強すぎますなぁ〜

粗挽きの米をあまり練らず、つぶつぶ感の残る状態で団子に丸めてある様な食感。
舌に米を感じ、団子を食べていると云うよりも「ご飯」を食べているイメージが強い。
最後のひとまぶしの醤油が結構生きていて、
「薄味好き」な人種には辛過ぎるかもね。
奈美喜屋 外観

奈美喜屋 看板
久しぶりに「団子食った」と云う満足感のある焼き団子だった。
店前にベンチか椅子かなんか座れる場所があって、老いも若きも団子食って雑談でも出来たら最高なんだけどねぇ

保谷 一喜

黒龍吟醸
あ〜っ…、まったくもって根拠の薄い江戸っ子の登場でございます。
昔っから「江戸っ子」つ〜のは、江戸に三代住んで初めて名乗れる…なんて話しがあります。
てめぇのじじいも江戸生まれの江戸育ち、それで初めて江戸っ子と名乗れるのだそうな。
ウチのじじいは熊本出だからおいらは江戸っ子じゃねぇかぁ〜…
まぁ、今は東京、江戸じゃぁございませんが…

食べログで知り、うわっ「近くにこんな評判店がっ!」と常々一度は食べに来たいと思っていた。
昨年末は、相方の誕生日に合わせて奥多摩の「丹三郎」をセッティングし、今回は自分の誕生日に合わせ自らセッティング。
吟味に吟味した曜日と時間帯。巧い事空いてる頃合いに行く事ができた。
一喜_店内_2
大泉学園の方から越してきたと云うこの店、店前はついこの前まで計画道路の予定地で、夏場は草ぼうぼうの空き地で、さぞかし見た目最悪立地で越してくるに勇気が必要だったろう。
しかし今は、道路建設も本格的に始まり将来的には「駐車場を用意しなくちゃ」と別の悩みも出てきそう。
計画道路完成後は、今まで無かった車でアクセスの客が増えるに違いない。
結論から言うと、それくらい旨かった!
一喜_店内
自家挽きの手打ちと訊いていたので、そばを食う前にまずは胃拵えのポン酒を一杯!
黒龍吟醸はちょっと上品すぎたか?と思いきや、
ここの二八せいろも上品で程よいマッチング。
よほど丁寧な仕事をしているのでしょう。
挽きも打も手抜きが無いのか、甘過ぎず辛過ぎずの麺つゆと相性も抜群!
「手打ち」を銘打っていても、多くの店はつゆが悪い事が多い。
…薄かったり…蕎麦においてあり得ないんですけど…妙に甘かったり…お前はうどんか!?
うどんに失礼ですな…
店主自ら、ちゃんとせいろで食べたかい?かけで食べたかい?
そう訊きたくなる店が多い。

一喜は、麺とつゆのバランス良く、それぞれが江戸っ子にはちょっと上品過ぎるか…と云う出来で大変美味でした!
また食べに行きます!
ごちそうさまっ!

所澤だんご 武藏屋

武藏屋 暖簾
結構かなり、相当昔から所沢はだんごの聖地だったようだ…聖地なんて言葉は今時風で軽薄なので使いたくはないけれどね。
まぁ、所沢辺りはもともと武蔵野台地の縁、古多摩川の扇状地であり狭山丘陵の麓であり、地勢上段丘の中腹にある様な土地で東西にあるいは南北に高低差の強い土地柄で、地下の構造も含め水利の悪い土地だったようだ。
モノの本に拠っても、数十メーターになる深井戸を掘らないと水が出ない。近世まで水に難のある土地だった事は間違いないようで、まず間違いなく水稲は無理。となると、せいぜい陸穂が実る程度。
これらの質のあまり良くない米を生かそうと云う理由で、所澤だんご…醤油焼きだんごは作られ始めたに違いない。
武藏屋 ところざわだんごの由来

所沢駅前の北寄りに「東川」と云う川が流れている。
現在では小川と云って良いくらいの水量だが、道路面から川底までの距離が深い。
護岸され、掘り割りの様な造りに今はなっているが、昭和も前半の頃はなだらかな岸辺になっていたに違いない。
そう想像すると、天候によってはかなりの増水がある川のようにも思える。
そのひとつの理由としては、航空公園の南側の西新井町に東川に面して竪坑が掘られている。
これは、もっと大規模なものが作られている都内の神田川の洪水時の地下放水路と同じものだ。
規模が小さいにしても、このような設備があるのは最近のゲリラ豪雨ではないが、急な雨で東川は危険レベルまで増水するのだろう。
これは、新宿線を挟んで西側の有楽町の方が傾斜地であり、増水した水が駆け下りるように流れてくるのだろう。そのため、急に平坦化した西新井町辺りで川筋から溢れた水が氾濫する。それを抑えるための竪坑と思われる。

な〜んだ、だったら水はあるんじゃない…これは間違いで、もともと川が少ない。地下水位が深く井戸を掘ってもなかなか水は出ない。川があっても氾濫するようでは、農業用には使いにくいわけで…
これはまったくの素人の私見だが、北の川越と比較すれば…所沢辺りは耕作地には向かなかったんではないかと思う。

ってんで、昔は所沢には20軒を超える団子屋があったそうな。
自分の知る限りでは、専門にやっているのは先にカキコした並木屋さんとここ武藏屋さん。
今もそうなのかは知らないけれど、昔は使用する醤油は近所の深井醤油のものに限る!と云う事だったらしい。
並木屋さんは、焼き上がり直前に醤油ダレに漬すが武藏屋さんはしない。
だから、武藏屋さんのだんごの方が表面が乾いていて辛くない。
武藏屋さんの方が、米のつぶつぶ感は少なく粘りがある。
奈美喜屋さんは1本100円、武藏屋さんは120円…
武藏屋さんの方が駅から遠く、観光の客は少ないだろうから…しょうがない。
だんご屋さんらしい店構えは、武藏屋さんの方が圧倒的にそれらしいので、両店とも末永く小箸てもらいたいものだ。

東村山 土家

土家_外観
以前からWebの食べログで、都心の一流店にも負けぬ高評価を受けるこの店は知っていた。
ただし「蕎麦懐石」でコースは日によって?は6000円以上!
初めて行く店、それも東村山で!ちょっと勇気がいるなぁ〜
と云う事で、予約を取る際に「単品注文で」とお願いした。
そもそも、2日前で予約が取れるのはラッキーなのだそう。

そこそこお腹一杯になり、酒も楽しんで結局は一人4000円強のお勘定。
コースの6000円が高いか安いか?
2度目以降はコースで予約するのも、別の楽しみがあるかも。
最後にもう1枚せいろでも食べてれば5000円。
蕎麦はただせさえ高いのだから、懐石となれば6000円は安い方なのかもね。
土家_店内

行って驚いたのが店の広さ。
大きい建物では決して無いので、フロアの使い方が超贅沢なのだ。
玄関の先にホールのごとき板敷きがあり、左に厨房に面した4人掛けのカウンターがある。
昔ならば土間の雰囲気。古民家改造の店ゆえにさもありなん。
反対側に個室のように仕切られた八畳敷程度の部屋があり、こちらは通常は6人掛けの大テーブルがある。無理すれば8人までは対応できるか?
ホール部分にテーブルを置けば、あと10人くらいは入れるのかも知れないが、若い夫婦だけで仕切るには今以上増やすの得策じゃない。
料理人とホール係で週に四人程度。これだけ増やすと、店の形態が絶対に変わる。おそらく、クオリティの変化に現れるだろう。
それを望む客もいないし、経営者も望まないに違いない。
料理一品一品に手間のかかるこの店は、今くらいのキャパが一番良いのかも。

土家_おしながき
先付けの「イワシの炊き合せ」は魚の臭みが一切せず、魚嫌いの子供でも好きになりそう。
世のお母さん!作ってあげて!
ここの料理を再現できたら、それはそれで店を出せる。難しいことです。む
「だし巻き玉子」はフワフワと云うかほよほよと云うか…といた玉子を出汁に浮かせて巻いたみたい。
土家_だし巻玉子

「そばかき」も、ねっとりもっちりで、どこぞのぽそぽそなヤツとは一味も二味も出来がちがう。
「鴨のあぶり」も肉の下処理が良いせいかしっとり柔らかく、鴨南でもいただきたいくらい。

この日の酒は計5種類(日によって入れ替わるそうだが、在庫切れが消えて行くかたち?)。
純米酒ばかりだが、良く研かれさっぱりとした口あたりの酒ばかり。料理と喧嘩せず、良く吟味して選ばれている。
土家_酒メニュー

土家_鯉川

どの料理も上品で「ガツン!」と来るものなどはひとつもない。
そう考えると、〆の要にして食べた蕎麦に。もっとパンチがあっても良かったのかも知れない。
もしかしたら「粗挽き田舎そば」がそれだったのかな?
「辛み大根の」ぶっかけは、旨かったけれど、大根が汁にも麺にも勝ってしまっていた。
これはちょっと残念かな。
せいろ用とは別に、ガツンとかつおのパンチの効いた汁と蕎麦の香りが強い田舎蕎麦が絶対に合う。
土家_辛味大根おろしそば(ぶっかけ)

土家_鰊そば

3種類目に頼んだ酒が「雪の茅舎」。
この銘柄に合わせたように、最後のデザートが雪の茅舎の酒粕しぼり?だったかな…をシャーベット上にして賽の目切りのイチゴがのったもの。
辛党の自分にはもったいない様な組み合わせ。「ほのか」なレベルの甘さがグッド!
土家_雪の茅舎&デザート

それなりのお値段がかかったが、イベント的な用事の時にぜひまた来たい。
そんな贅沢さを持った名店だった。

福乃友 60純米酒

福乃友 60純米酒a
いったい、日本には「清酒」あるいは「日本酒」と呼ばれる酒を造っている蔵元はいくつあるのだろう?
近所の西友に、100g/100円以下の格安のコーヒー豆を買いに行き、ついでに酒売り場を覗いてみて発見した。

福乃友酒造と云う秋田の酒蔵。初めて聞く酒蔵だ。
そこの純米酒なのだが、銘柄が「60純米酒」と云う事は、60%まで米を研いたと云う事か?
福乃友 60純米酒b
黒い紙でラッピングされた瓶にはラベルは貼られておらず、ラッピングに内容表示らしい能書きはあるが銘柄の意味は分からず…まぁ60%と云うのが正解なのだろう。

60%と云うと吟醸酒に近い研き方。そのせいか、軽くてサラッとした口あたり。
冷やで飲んだせいか酸度を強く感じた。
もしかしたら、燗酒用の造りなのかも知れないが、冷やで飲むにはその酸味がちょっと嫌みに感ずる。

吟醸酒の様な華やかさは無く、かと云って"純米酒"と云う様なコクはない。
印象としてはどっち付かず。燗で飲む前に全部いただいてしまったので試す事ができなかったのは、試す事ができなくて残念。
この、クセと云うか個性と云うのか?ファンはいるのだろうが、ちょっと自分向きの酒ではなかった。

 | HOME |  »

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する