@酒とラーメンの日々

≫2011年12月

2011.12.10 皆既月食

2011.12.10_皆既月食
昨日の10日、数年ぶりの皆既月食を観る事ができると云う事で、自宅屋上に厚手で表面が起毛されているレジャーシートとフリースケットを用意して、自身の身体はフリースにスエットの二枚重ね。半影食の始まりから部分食・皆既食、そしてその逆の行程とシチュエーションの全てが、天空の高度の高いところで見えるという好条件というのでそれなりに用意した。
使い慣れてるNikon D5000に、レンズはモデルチェンジで値下がりを待って買ったSIGMA 18-200mm DC OS HSMを用意。当日の直前気付くまで、友人に貸したFXの70-210mmF2.8もある事を忘れていた。少々古いレンズだが、結果とすればより大口径のこちらの方が、FXゆえにレンズ中央部を使えて開放から画質は良かったかも。手ぶれ補正は使えないけどね。

最近のデジカメ専用レンズは、高倍率を要求するあまり設計に無理が見える。特にSIGMAの場合、開放での周辺光量の低下がエグく、絞り込まないと後にトリミングが必ず必要になるケースが多い。レンズ周辺部の光量落ち込みの社内基準が、甘過ぎるとしか思えない。

ともかく、一ヶ月以上前から知っていた予定の割にはバタバタと用意して、半影食の始まるPM8:30前後と部分食の始まるPM9:45前後、皆既食始まりのPM11:05から皆既食最大のPM11:32過ぎまで冷え込む屋上に座り込んだ。
当初、屋上の「この辺ならいんでないかい…」と座り込んだ場所だと、最大食の頃に今は使用していないTVのアナログアンテナがビシッと画面に入り込んでしまう事に気がついた。
アワアワとシートを移動させ、カメラ三脚の向きを調整し直す。

バタバタとしながら、皆既食始まりのPM11:05頃撮影したのが上の写真。
D5000はDXフォーマット。要するにAPS-Cクラスのセンサーを搭載しているため、レンズの焦点距離は×1.5になる。よって、使用した18-200mmレンズは最望遠で300mmとなる。
結論からすると、やはり月を…例えば季節に合わせ、例えば十五夜の際に撮影しようと思ったら、FX換算で最低400~600mmくらいは欲しいか。それもF2.8からF4クラスが…中古でも新車でも自動車が買える値段だけどね。
実際の話しとして、随分以前に買ったパナソニLUMIXのFZ-30の場合、デジタルズームを×4にすると最大で1680mmという超々望遠になる。このレベルになると、画面から月がはみ出してしまうけどね…
ただ、デジタルズームと云うのは「画面の一部」を拡大して行くと事なのだが、感覚的には画質そのものも低下して行くと云う印象がある。古くフィルムカメラからバリバリ撮影していた人間には、ここで云うところのタイプの画質低下が生理的に受け入れられない。その他の操作系の粗雑さも手伝って、レンズ的にはアップで迫れると分かりながらFZ-30の出番は無かった。

経済的に持っていないレンズを、プロ御用達のレンタルショップに行ってまで使うつもりは無いけれど、貸したレンズはイベント前には返してもらおう。これが今回の教訓。
持っていないものは諦められても、所有物が必要な時に手元にないのは痛恨の出来事。
やはり、準備は事の起こる随分と前からやっておくものだ。

スカイツリー

スカイツリー_01
昨日、とある下町の知人宅の忘年会に行って来た。
この知人宅の近所から、スカイツリーが見える事は建設中から判っていたので、外装が完成しクレーン等が取り払われた姿を収めて来た。
スカイツリーの映像や画像は、TVやWebでかなりの回数を観てきたが、やはり肉眼で眺めると雰囲気が違う。
スカイツリーの建つ地、業平の近くであれば、ツリーの足元から見上げる事らなり高さも大きさも感じる事ができるだろう。マンションの八階、高さにして34~5mくらい?スカイツリーから3km弱ほどの距離から撮影したこの写真だと、途中の建物が邪魔をして高さも大きさもいまいち分からない。

スカイツリー_02
この写真は(写真をクリックして下さい)左手の方、超高層マンション群の向こうに夕陽が落ちているのが丸の内・銀座方向。実景ならばぐぐっと右に顔を振ると見えてくるのが、高層ビルに取り囲まれたように見えるスカイツリー。角度にすると150度くらいの視野になるパノラマ写真なので、ちょっと現実離れした画角の写真になっている。
こうして視野を広くすると、一頭地抜けた超高層建築だと分かる。
地名にすると江東区になるこの辺りは、都心からのアクセスが良いにも関わらず今だに下町の名残を残し、二階建ての家屋も多い。三階建て以上でも、住居用の建物が多いのは写真からも分かる。いずれ地上げで消えて行くのだろうが、見ている限りそれは「いずれ」であり、発展的にだんだんと変わって行くのだろう。2~3年程度では、あまり変化に気付かず、30年くらい経てば変化に気付くような変わり方なのだろう。

山の手側で生まれ育った自分には暮らし易そうに見えるのだが、今年の311ではないが、可能性が高まった東海地震が起きた時、東京湾の最奥であり0メーター地帯であるこの風景は津波被害の可能性が非常に高そう。
そう云う考えからすると、生まれ育った人ならそれなりの考えもあるだろう。が、自分自身が転居する可能性は大変低いと云わざる終えない。自分が生きてる間に起きる可能性は逆に低いと思ってますがね。

麺や丸め 燕三条系ラーメン

麺や丸め_燕三条系ラーメン(チャーシュートッピング)
住まいの近くには、比較的「ごたわり」のラーメン専門店が多いように思う。グルメサイト等を見ていると、都心の激戦区に比べればそのレベルは低いかも知れない。それでも、住居が仕事場でもある自分のような人間は、そうそう都心にラーメンだけを食べに出る事は勿論、家族連れでもなかなか「ラーメン屋」で「飯」とはいか無いものだ。
そうした人間には、地元近くに専門店が多いのはありがたい事だ。

ここ数年、特にこの一年くらいお気に入りにしている「燕三条系ラーメン 麺や丸め」の、そのまま「燕三条系ラーメン」の中盛り・チャーシュートッピングだ。
元々、油(ラード)が強めで醤油味が濃い。そこへ脂身の多いシャーシューが乗る。こてこての醤油ラーメンと云ったところだが、この店の、燕三条系?の特徴の煮干し出汁が良く利き思いのほかあっさり食べられる。それでも、俗に云う中華そばほどには軽くはないが…

ぶ厚く切られたチャーシューは、一見固そうに見えるが実際は「ほろほろ・とろとろ」と柔らかく、脂身が多いがその分旨味もたくさん、大変旨いチャーシューだ。
次回は、塩つけ麺にするか!・・・これは次回への覚え書き。

麺屋彩香の味玉塩らーめん

麺屋彩香_味玉塩
石神井の実家へ、一寸した用事で里帰り?ポタリングの距離だけどね。
途中、ちょっと回り道すれば保谷駅前を通過できる。って事は、ラーメン屋さんに寄らねばなるまい!
以前も、ネットで評判の「彩香」に寄って「味玉醤油らーめん」を食べた。今回も彩香にするか、それとも「永福系」の系列店の「保谷大勝軒」らするか?前の晩から散々悩んだ結局、醤油しか食べてない彩香に決定。
ネットでの評価は、大勝軒より彩香の方が上。しかし、立地条件のせいか同時刻に彩香の客は自分一人に対し、大勝軒の方は駅前立地を利して引っ切りなしに客が入ってた。それも中年以上の年配客ばかり!
行列に並ばないで良い事は、個人的には嬉しいが、お店の先行きがちょっと心配。おいしいお店だけにね。

前回食べて思った事が、彩香はがっつり食べると云う店では無いと云う事。全体的に、麺もスープもトッピングも限りなく少なくシンプル。前回の味玉トッピングは正解だったわけで、今回も味玉をチョイス。
で、写真は撮影し忘れで、他のサイトからちょいと拝借してきました。

スープベースは醤油と一緒、と言ってまず間違いなし。麺も一緒。違いはタレのみのよう。
今時の専門店は、味に寄ってスープベース・麺・トッピングまで全部組み合わせを変える店がほとんど。それはそれで意味のある事かとも思うが、彩香のこれを食べてみると?と思わざる終えない。
こだわりは分かるが、変えたところでそんなに違いは無いよ。塩は「海老」じゃなきゃと、わざわざ海老塩ラーメンなんか出してる店もあるが、海老を食わない自分には腹立たしいだけだ。
彩香のようなシンプルさで勝負の店は、タレのみを変える事によってより違いが判ると云うものだ。
表面の香味油は、香は弱いが油っぽくないので量が多い割にクドくない。
あっさりさっぱりで、するするノドを通り、あっという間に完食。
もう少し、個性的でも良いかな…と思わせるくらい、ある意味上品なラーメンだった。
次回の通りすがりは、とりあえずは大勝軒に行ってみて、同じ中華そば系のラーメンがどれだけ違うか試したい。

ごく少数の、たまに読み来る方への注釈。
ここでの大勝軒は、上記したが「永福系の大勝軒」であって、山岸氏で有名な池袋系ではございません。
以上。

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する