@酒とラーメンの日々

≫2010年08月

渓流夏吟

渓流_夏吟
このブログで、信州・遠藤酒造場6種類目の酒の登場。
去年までは無かったはず、今年の新作? ホームページには無かったよなぁ?と思う。精米歩合は59%だと「吟」というよりは純米酒に近いが、醸造アルコールは相変わらず使用しているのでそう云う事なのねって事ですね。
杜氏は相変わらず勝山氏が担っておられるようで、いかにも遠藤らしいしっかりとした味わいの酒です。
「夏吟」と名付けただけあって、遠藤特有のこってり感があるにも関わらずさっぱりしている。このくそ暑い夏に、冷凍庫できりきりと凍る寸前まで冷やしくいっと飲むのが旨い。

須坂市まで行った事はないが、準大手と云って良いはずの酒蔵だと思う遠藤酒造場は毎年新しい酒を造ってくる。それでも、TVコマーシャルでよく見る大手とは違いいかにも地酒といった酒を造ってくる。
来年はどんな酒を造ってくるか、非常に楽しみだ。

オーラの話し。

今朝…と云うか、今さっきTVを見ていたら、俳人・正岡子規のお孫さんの歌原奈緒さんと云う美人が気象予報士として出演していた。正岡子規つながりと云うところで、文豪・夏目漱石の孫である夏目房之介さんなどもTVによく顔を出していて、これから先どんな歴史的人物の係累がTVに出てくるか、ちょっと興味があったりして…。

直接は関係ない業種なのだが、TVの裏方的仕事をした事がある。その際、数人の芸能人…今ではドラマ・CMにバリバリ出演している人もいるのだが「芸能人のオーラ」ってなに? う?む、芸能人のオーラを見なかった。
オーラが見えなかったので、彼らの名誉の為に名前は伏せます。
まぁ、オーラなんてものは「マユツバ」と揶揄する科学者らしき人もいるが、過去に一度だけはっきりと「オーラ」を放つ人に遭遇した事がある。
もう十年以上前の話し、取材で軽井沢か広島方面へ向かう際のJR東京駅のホーム上の出来事。軽井沢なら、開業仕立ての長野新幹線だし、広島方面ならば東海道新幹線に乗車するつもりだったはずで、その辺の事は記憶曖昧で新幹線ホームとしてしか覚えていない。
が、長いエスカレーターを上がった先の、そのホームを乗車する予定の車両の停車位置へテクテクと。黒服の集団の脇を通り抜け、おおよそ10メーターくらいも行き過ぎた時、ふっと何か淡く光るようなイメージの残像が視野の隅に残ったのでその方向を振り返ってみた。
黒服の男たちの輪の中に、家族とおぼしき人たちと分かれの挨拶をする年配男性がひとり。その人物が、色に例えれば黄色か金色? 神々しさも感じるようなオーラを放っていたのだ。その人こそ、当時「前だか元だか」の総理大臣・羽田孜氏だった。民主党が、現在の形になった時の最初の幹事長であったはず。
いやぁ、昔も今も民主党はヘタレの集団としか思えずまったく支持するつもりも無いのだが、羽田氏のオーラは本物だったと思う。脇を通り過ぎた際には、特に意識しなかったのに10メーター行ったところで振り返らせたんですから。神々しいと思ったのも、家族の見送り? といった政治から離れた一時だったから理解できる。
ツーか、その人物が「羽田孜」と分からせたのはオーラの存在だったんだな。じゃなきゃ、ホームでただ見かけたと云う人なのだから「あの、おっさんは誰?」くらいで終わってたろう。

前述の俳人、文豪のお孫さんたちは七光りつーヤツなのか、それともオーラを放ちそれがTV出演の素質となったのか?
そう云えば、うちの嫁さんと出会ったばかりの頃、彼女に一度だけオーラが見えたことがあったっけ。デートつーか、友人たちとのイベントに二人で出掛ける際、待ち合わせに遅刻して必死に謝ってる時。邪心無く必死な時って、案外見えるものなのかも知れぬ。
う?む…やはりオーラはあるなぁ。
そう云えば、もう一人TVつながりで…フリーアナウンサーの唐橋ユミさんは、うちの嫁さんの又従姉妹だか、もうちょい遠い親戚だとか。
うちの嫁さんが発するのならば、遠縁だとしても唐橋さんもたぶんオーラを発してるのかも知れない。歌原さんや夏目さんも放っているに違いない、ってとこ!? でもなぁ、過去に出会った俳優さんたちは放ってなかったのだよ。彼らは、演技に必死に取り組んでなかった? う?む…(^_^;
なかなか難しいもんですなぁ

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する