@酒とラーメンの日々

≫2009年09月

白樺山荘

白樺山荘味噌ラーメン
初めて入ったときの感想で、かれこれ6?7年前くらい。ネットで検索してかかった店だった。札幌での滞在先から車ですぐの南平岸。路地裏へ入り店の前に立ったときの感想が以下のもの。
元は大昔流行った"歌声喫茶"と云った感のある外観が特徴だった。中に入っても、ますます歌声喫茶感が増す内装。評判では「旨い」と聞いていたが少々不安に思ったものだ。
醤油・塩・味噌三種全て試したが、旨い!! 評判に違わず、五丈原にタイプは違うが匹敵するか!? とも思った。ゆで卵が無料だし…(^_^;
そして数年後、旨いと思った自分の舌は正しく、ラーメン共和国への出店などメジャーなメディアでも話題となった。そして、五丈原に習ったわけでもないが「味が落ちた」…と寂しげに思ったのが去年の夏頃。今年も東京の盛夏を避け、札幌へ避難している間にダメもとで行ってみた。
復活したじゃん!! が今年の感想。多少、化調感は残るものの、一時の旨味を感じないスープと比べれば格段に白樺山荘している。
五丈原が、味を落として復活できないままでいる事を考えればかなり素早い復活だ。

これでまた、札幌へ行く楽しみが増えたと云うものだ。うれしい!!

お立ち酒吟醸

お立ち酒_吟醸
先に「お立ち酒大吟醸」を取り上げた事がある。今回はその吟醸酒だ。
大吟醸と吟醸の違いは、簡単に云えば精米歩合の違いだが、お立ち酒の場合原料の米の品種も違う。
素材の違いはともかく、味わいは吟醸の方が"やや甘"な印象。しかし、純米酒にあるようなベタベタした感じではなく、吟醸酒ならではのサラッと感のあとに甘味が残ると云った感じ。雑味無く、香り高く、お立ち酒のレベルは高い。
四合瓶の場合、大吟醸は\3000-で吟醸は\1500-。大吟醸は確かに旨いが、値段が倍となると普段飲むには吟醸かなぁ?と云うところ。ちょっと贅沢したい時は大吟醸と云った気分ですかね。
ともかく、両者ともいかにも酒好き叔父さんたちがプロデュースした感の強い旨い酒だ。

MORE »

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する