@酒とラーメンの日々

≫2009年08月19日

福来軒本店

福来軒本店の味噌ラーメン
毎年2度、夏と冬の恒例行事のように札幌へ来ているが今日はその三日目。
今年の北海道は例年とちょっと違う。8月の北海道と云えば、抜けるような青空とカラッとした爽やかな風。だが今年は、連日湿度が高く動くと蒸し暑いし天気も雨がち。湿度の高さは、もう何年も前から感じていたが、こうも天気が悪いのは初めてかもしれない。梅雨の無い北海道に、梅雨が来たとも云われている。
今日から小中高の学校は二学期が始まったと云うが、夏休み期間中、まともに夏を感じられたのだろうか?

ともあれ、自分としては東京の蒸し暑さから脱出できた事だけでも嬉しい事だ。蒸すと云っても気温自体は札幌の方がはるかに低い。真夏の東京でラーメンを食べるには、どれほど冷房が効いた店であっても、汗かきを覚悟しなければいけない。札幌でもそれなりに汗はかくのだが、食後に店の外へ出てしまえば、気持ちよい風に汗が飛ばされかえって気持ちが良い。
今回札幌初日に入ったのが、南16条にある福来軒本店。周囲はマンションやこぎれいな一軒家が建ち並ぶ、札幌市内のちょっと郊外の住宅地にある。そんな立地で、今やぐずれかけたような、新しくても戦後すぐ、おそらく戦前も昭和初期頃造られただろう平屋の一軒家が店舗だ。
カウンター席のみで15席。ラーメンの種類も定番の三種類と、まさに専門店だ。いつも味噌を食すが、この店の特徴は「最初のうちはほの辛さだけ、食べ進めると甘味と旨味が口中に広がる」スープだ。そしてとにかく熱い。チャーシューは1/4大ほどとちっこく、メンマも業者向けの最初から味付けされたものと思えるが、西山製麺の中縮れ麺と相性のよい不思議な味の感じ方をするスープは絶品だ。札幌味噌ラーメンには必須のトッピングの、炒めもやしと麺をいっしょに掬い食べるのが旨い。
初見の観光客など、店の前に立つだけで一歩腰が引けそうなほどぼろぼろの店だが、出すラーメンはそれに反比例!!
地元の人間でも、店舗に腰を引いている人は一度食べてご覧なさい。

MORE »

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する