FC2ブログ

@酒とラーメンの日々

≫2009年08月10日

お台場ガンダム

RX78-2_GANDAM
昨日、お台場へ噂のガンダムを見に行って来た。
夏休み期間中の日曜日とあって、普段は極端には混まないゆりかもめの新橋駅も家族連れでごった返していた。公開以来しばらく立つので、多くはフジテレビのお台場合衆国のアトラクションへ向かう客のようだが、それでも乗降客の1/3くらいはガンダム目当てか?
曇っていたが、台風接近のせいか異常に蒸した天気のした台場駅からとことこ歩き、たどり着いた都立潮風公園の太陽の広場。以前はきれいな芝地だったろう広場のほぼ中央にガンダムは立っている。設定身長18mを1/1で再現してあると聞くが、あまり大きさを感じなかった。
世代的に、初代ガンダムをリアルタイムで見ているし、ガンダムのちょっと後のサンライズ作品ではスタッフとして仕事しているものにとって、ある意味感動し別の意味ではがっかりもした。聞くところによると、バンダイのプラモのMGないしはHGをベースにしたと云うから、大河原邦男氏デザインのTV版とはちょっと違う。確かに、昔見た設定書のガンダムより、全体的にほっそりとし頭も小さいように見える。人間といっしょで、昔よりスマートになったのか?
全体にスマートになったと云う事で、イメージの上で重量感を感じなかったのかもしれない。ただ、リアル指向がより強まったモデルをベースにした事によって、装甲パネルの分割ラインが入ったり、兵器特有の表面のステンシル等が実在感を醸し出してくれた。
いまはアニメ業界からは足を洗っているが、自分がたずさわる二次元世界のものが、このような実物大の立体物として再現される事は感慨無量でもある。

直下に立ち、見上げたガンダムよりもより感動したのが、ゆりかもめのひとつ先の駅から乗車し、車窓から見える公園の緑の向こうに上半身を見せるガンダム。お台場ガンダムを実在の機動戦士と一瞬の錯覚。木立の向こうにすっくと立つガンダムはいかにも動き出しそうだった。
次回40周年記念では、上半身・両腕が可動する、あるいは歩いてくれても良い。無理な事だとしても、そう期待している。

 | HOME | 

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する