@酒とラーメンの日々

≫ちょっと旨いもの

うな鐵

うな鐵
ちょっと前、まだ先月のうち、いつもの仲間の飲み会があった。
新宿か池袋、たまに錦糸町の方の店で飲兵衛どもが不定期に集まる。前回は錦糸町の「やいた」、その前が新宿の「樽一」だったか? 今回は池袋の「うな鐵」がその舞台だ。
うな鐵と云えば、浅草のいかにもグルメ番組にも出てきそうな本店は有名かと思うが都内に何軒も支店がある。現在では無くなってしまった高田馬場店の店長が異動したのが池袋北口からすぐのこの支店。高田馬場店は広いワンフロアにだーっと座敷があったので10人以上の飲み会は楽勝!! 30?40人でも大丈夫だったか…厨房が大変だろうけどね。池袋店は細長いしちょっとフロアの狭い2階分。今のメンバー数ではちょっと辛いかな?

土用に近い日付だったので、鰻は旬なのだが鰻そのものが旨い時期と云うわけではない。それはそれとして、鰻専門店なので、注文はうなぎ中心…と云うよりはオンパレードになりがち。刺身や焼き鳥もあるが、時間帯や季節によっては切れている事もある。
「うな鐵」は何度も利用した事があり、旨い事は分かっているが、個人的に日本酒と鰻の相性はいまいち…連続で食すと鰻はちょっと脂が強ぎ飽きてしまう。
そうした時に、箸休め的なあっさりメニューがもっとあれば。そう思える。
それでも、魚類の中でもビタミン、ミネラル系の含有が多いはずの鰻は夏場の友だし、今後の利用が減るわけでもない。他のお客さんたちがどうかはともかく、今後はあまり腹減り状態でバクバク食べないようにすれば良し。

二次会というわけではないが「博多餃子」と云う名に引かれ入った、うな鐵並びの餃子専門店。
「これはタレで、こちらは塩で」と説明受けても、はっきり言って、餡の味付けが濃すぎて何も付けずそのまま食べるのがちょうど良し。
濃すぎる味付けが本場と同じとしても、博多餃子専門と云うほどには旨くなかったのが正直な感想。池袋で餃子が食べたくなっても、次回以降は迷わず王将やマンシュウを探す。「不味かった」わけでもないので、後を濁したわけでもないけどね。

わくわくダイニング

わらえもん
清瀬市のある路地裏に「わらえもん」と云う店がある。夕方5時に開く店なので居酒屋と云って良いのだが、わくわくダイニングである。マスターがそう望んでいるのだろうからそうなのだ。
初めて訪れたのは、半年近く前の昨年の9月末。開店が昨年の5月と云うから、店の料理の味も安定して来た頃か? 酒好きの自分としてはポン酒が2種類「上喜元」と「鍋島」しかないのは玉にキズ。でもマスターのけんちゃんが下戸とあっては仕方なし。奥さんのひとみちゃんはいける口だそうだが…

夫婦二人で経営、狭い店舗に狭い厨房なのでメニューの種類は少ない。しかし、素材にこだわりのあるマスターとあっては無闇にメニューを増やすのは良い方法とは思えない。真っ当な経営方針だと思う。事実、初めて入った日から4回くらいは「ポテトサラダ」が出来なかった。わらえもんのポテトサラダに最適なじゃがいも「きたあかり」の良いものが手に入らなかったからだと云う。牛スジ豆腐も旨いメニューだが、これもやはり良いスジの入手が叶わないとメニューから外れる。気難しいちゃ気難しいのだろうけど、これくらいこだわらなければ個人営業の店の意気地がない。
清瀬に限らず、郊外の小さな店でやたら無国籍で多彩なメニューを出す店はある。しかしそのほとんどは一品一品個性の無い、一度頼んだら二度目がないものが多い。要はメニューの賑やかしなのだ。
あえて少なめのメニューで勝負する「わらえもん」は一品一品に勝負をかけているのだろう。だから何度もリピートする料理があるのだ。

今後も変わらず、一品で勝負をかける店であって欲しい。清瀬の路地裏にある、隠れた名店「わらえもん」だ。

MORE »

深大寺

鬼太郎茶屋
きのう嫁の誕生日のお祝いのイベントとして調布の深大寺に行って来た。深大寺と云えば「お寺」って云うのは当たり前として、昔なら「蕎麦」今なら「ゲゲゲの女房」でしょ。
で、トップ写真は入ってもいない「鬼太郎茶屋」の写真。

季節が季節だけど、東京じゃ山へ行かなければ色鮮やかな紅葉は期待できない。なので、この時期に緑多い深大寺に言った理由となれば「新蕎麦」を喰う為しか無い。

深水庵せいろそば
JR三鷹駅から小田急バスに乗って、深大寺門前に着いたのは昼前の11時。普通だったらお参りをしてから…って手順でしょうが、今回は即刻そば屋へ。ウィークデーじゃあるまいし、休みとなれば晴れの特異日となればジジババその他の人の出も多い休日だから、昼時になれば行列必至!! 実際に、自分らが食べ終わる直前くらいから行列ができ始めた。食券制の深水庵に飛び込んだが、この店とて開店早々は客が少なけりゃ食券はいらず直接注文できる。

天気も良くて穏やかな日だったので、ここは迷わず外の席へ陣取る。連れのメニューはともかく、自分はせいろともう一枚鴨せいろと神代寺ビールを注文。午前中から飲むビール、いいもんです。
肝心の蕎麦は、何番粉でしょう? 振るい過ぎてちょっと淡白になり過ぎ? もうちょっと田舎蕎麦風な地粉で打ってくれても良いかな。香りがちょっと薄い蕎麦だった。麺つゆは濃過ぎず薄すぎす、しっかりと出汁がとれ鴨せいろの方も旨味充分。そば湯が倍欲しかった! まぁ開店したての場合、そば湯の問題はなかなか難しい。

せいろ二枚を食べた後、深大寺門前から境内へ。さすが休日ゲゲゲの女房!! なんという人出だ! トップ写真の3倍は混んでたな。午後三時くらいまで植物園の方まで歩き回り、門前近くの喫茶店で一服の後、余力を駆ってバス停にして五つ分くらいウォーキーングする。トータルで10kmくらいか? auのあれで測っていたところ、10kmの距離を4時間くらいかけて歩くと700kcal…平たく云うとご飯一食分くらい消費するらしい。

ともかく、運動不足の現代人。いい運動をしてきました。

東京うどん一将 in 清瀬

東京うどん_一将
急な義弟の誘いだが、前々から空振り連続のうどん屋さんへ行って来た。
2002年開店と云うこの店は、開店当初から知っていた。交差点のはす向かいが、「おはしカフェ・ガスト」に変わる前の夢庵時代に良く行っていたからだ。「あ?、うどん屋さんができたんだ」って感じで、その後行ってみたのだが、ことごとく営業時間外。かれこれ5?6回は外したか? つい十日前くらいにも嫁さんと「一将に行こう」と買い物の途中思い立ってみたらまたもや時間外!! ご縁がなかったかなぁ?と、もはやため息。
実は僕は、このブログでラーメン好きを自認しそのように書いているが、ラーメン以外の麺類全てのマニアである。蕎麦はもちろん、素麺・冷や麦・パスタもろもろ…うどんにしても、過去にわざわざ讃岐うどん食いだけを目的に香川県まで新幹線したくらいだ。だから、ネットの食べログなどで絶賛される「一将」を外すわけにいかない。

え?とまぁ、上記偉そうに書いたが、空振りのほとんど全ては営業時間や定休日のリサーチをせずにフォークボールで三振したわけだが、今回はリサーチ済み!! それでも到着した夕方の開店時間を一分過ぎた17:31、店の明かりは真っ暗!! あっちゃぁ?またかよ!? と思ったものの、真っ暗な店内に動く影あり。手を振って呼びかけると大将が出て来て「遅れていてすいません」との事。普段だったら「定時に開けろぅ! 営業開始前から電気は点けろぅ!!」と怒るところだが、まるで肩すかしを食らい続けた恋人相手のように、だらぁ?っと待ちました。
わずかな待ち時間の後、午後の部開店!! ふたり用のテーブルに陣取り、肉うどんの大盛りと肉もりの大盛り、下戸の義弟を放っておいて自分一人にヱビスビールを注文。

一将_肉うどん大
待つ事5分か10分。一番目の入店だったので、待つほどの時間もかからず注文の品が提供された。
麺は太く、まるで讃岐うどんのよう…そう云えば、食べログのらすらいさんのカキコだったか? この店の大将は讃岐うどん店で修行したとか。そりゃぁ、それっぽい訳だ。
かけ汁つけ汁とも、出汁は嫌味なくきれいにとれたもの。ある意味うどんは麺が命、特に讃岐はね。
一将_肉もり大
そのうどんは、かけの場合茹で麺を冷水でしめるところは"もり"と変わらぬのだろうが、再度暖め直す過程でやはりコシが無くなる。市販麺にあるようなフカフカな感じてはないけどね。
やはり、この店の麺も時間ぴったりに茹でた麺を冷水でしめたままが良い。表面のうどん独特の柔らかい歯ごたえの下に粘りのあるコシが待つ。この芯にあるコシがうどんの爽やかな咽ごしを生むんだな。

どちらも"肉もの"だったが、どれくらい上等の肉かは分からぬが旨い。湯煎したものを汁と合わせてるのだろう。柔らかく、長時間ぐらぐらと煮たようなものではない。
麺・汁・具材全てのバランスが良い。どれも浮かずどれも陰に隠れない。この分では、どのメニューを選んでも外れはないだろう。まぁ個人的に云うと、かけ汁の塩をあとほんの気持ちだけ控えるとベストですがね。このわずかは、体調や季節によっても変わると思うから、自分が「一将」で喰いたいと思ったら行けば良いだけの話し。とやかく文句を言う事ではない。

讃岐の地元の花屋さんで聞き込んで行ったうどん屋は、さすがに地元の人が毎日食べているというだけあって飽きのこない旨いうどん。東京にある「花まるうどん」なんか「讃岐うどんじゃねーよ」と云いたくなるくらい違う。
そんな地元のうどんを食べつけている香川の人も、納得するのが「東京うどん」の一将じゃないか? そう思った。

豊平峡温泉

豊平峡温泉
札幌では知る人ぞ知る豊平峡温泉。ある季節は緑に、ある季節は紅葉に、ある季節は広い雪景色を堪能できる広い露天風呂で有名。
かなり広い休憩室や全身マッサージ、ソファ付きの喫煙室等々宿泊設備もある温泉らしく設備は充分。でもまぁ、宿泊設備は温泉湯治用と行った感じでしょう。

温泉利用者のほとんどは日帰りだろうし、お風呂に浸かったらそのまま帰宅の札幌市内在住の人だろう。でも、お風呂の後に小一時間余裕をみて玄関脇の「おんせん食堂」でインドカリーを食べたいものだ。
豊平峡温泉_おんせん食堂
百席に届こうかという席数なので、よもや座れない「ぎょうれつ~」なんて事態にはならないはず。ならば、ここのカリーとナンを喰うと良い!
市内に多い、スープカリーなんてここのカリーの足下にも及ばない!
おんせん食堂_キーマカリー
カリーも旨いし、負けず劣らずナンも旨い!これほどのカリーとナンに、こんな山の中で出会うなんてっ!
まぁ大袈裟なモノの云いようだけど、それほどに旨い。最近じゃ、温泉よりカリーを食べる事が目的に来てるかも。
数年前、火事で焼け落ちてもうダメかと思ったが、無事に建てなおされホット安心。
今後も長く続いて欲しい店のひとつだ。

 | HOME |  »

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する