@酒とラーメンの日々

≫ラーメン

とんこつラーメン「ぽんこつや」

スーパーぽんこつ(塩)
仕事先のひとつがある飯能市。かれこれ七?八年、平均すれば月一程度だが通っている東飯能駅近くのラーメン屋に寄った。
最近では、グルメ系のブログ等でも取り上げられる機会が増えたので、今や知る人ぞ知る名店?
以前はあったと思った味噌がなくなり、現在は醤油・塩の2種類。トッピングの違いでメニューは二桁を軽く超える。が、いつも食べるのは「ぽんこつラーメン」。数年前の店内改装後にできた新メニュー(写真)の登場まではこの店のトップグレードだったもの。
ちなみに、写真のスーパーぽんこつのどんぶりの後ろに立てかけてあるように見えるのは、海苔です。見りゃぁ判るか(;^_^ ふつうの「ぽんこつ」は、この海苔がなくチャーシューも1/3くらいの大きさ。もやしの量も少ないかな? 写真にもちらっと写ってはいますが、醤油ダレで煮た角煮ものってます。
どんぶりの大きさは、今時の専門店と比較するとかなり小さめ。町の中華屋さんと同程度と思って量を想像してみて下さい。

看板には上がってないが、バリカタのストレート細麺と端麗なとんこつスープから、ベースになっているのは「博多ラーメン」と考えて間違いなし。
行った事はないので断言できないが、これだけの量のトッピングは本場にはないでしょうね。
ただ、看板から外してある事を考えても、この店のマスターは「博多」にこだわる事なしに自分の、あるいは地元飯能あるいは関東圏の味覚に合うラーメンを追求してるのだと思う。

20時間以上炊き上げたと云うスープは、カウンターからも見える厨房裏のスープ工房の巨大なずんどうで仕上げられたもの。ラーメンブームに乗って開店した店のとんこつとは違い、臭さはまったくなく、まろやかで甘味すら感じる旨味たっぷりのスープだ。
「博多風」にしろ、博多ラーメンを食したのはこの店が初めてだったと思う。本場のものとは違うにしろ、そんな事はまったく関係ない、病み付きになるラーメンだ。
実際、飯能に立ち寄るたびに食べてるのだから、完全に「病みついて」ます(;^_^

店の場所は、西武線あるいはJR八高線の東飯能駅から徒歩2分。詳しい場所はググって下さい。

福来軒本店

福来軒本店の味噌ラーメン
毎年2度、夏と冬の恒例行事のように札幌へ来ているが今日はその三日目。
今年の北海道は例年とちょっと違う。8月の北海道と云えば、抜けるような青空とカラッとした爽やかな風。だが今年は、連日湿度が高く動くと蒸し暑いし天気も雨がち。湿度の高さは、もう何年も前から感じていたが、こうも天気が悪いのは初めてかもしれない。梅雨の無い北海道に、梅雨が来たとも云われている。
今日から小中高の学校は二学期が始まったと云うが、夏休み期間中、まともに夏を感じられたのだろうか?

ともあれ、自分としては東京の蒸し暑さから脱出できた事だけでも嬉しい事だ。蒸すと云っても気温自体は札幌の方がはるかに低い。真夏の東京でラーメンを食べるには、どれほど冷房が効いた店であっても、汗かきを覚悟しなければいけない。札幌でもそれなりに汗はかくのだが、食後に店の外へ出てしまえば、気持ちよい風に汗が飛ばされかえって気持ちが良い。
今回札幌初日に入ったのが、南16条にある福来軒本店。周囲はマンションやこぎれいな一軒家が建ち並ぶ、札幌市内のちょっと郊外の住宅地にある。そんな立地で、今やぐずれかけたような、新しくても戦後すぐ、おそらく戦前も昭和初期頃造られただろう平屋の一軒家が店舗だ。
カウンター席のみで15席。ラーメンの種類も定番の三種類と、まさに専門店だ。いつも味噌を食すが、この店の特徴は「最初のうちはほの辛さだけ、食べ進めると甘味と旨味が口中に広がる」スープだ。そしてとにかく熱い。チャーシューは1/4大ほどとちっこく、メンマも業者向けの最初から味付けされたものと思えるが、西山製麺の中縮れ麺と相性のよい不思議な味の感じ方をするスープは絶品だ。札幌味噌ラーメンには必須のトッピングの、炒めもやしと麺をいっしょに掬い食べるのが旨い。
初見の観光客など、店の前に立つだけで一歩腰が引けそうなほどぼろぼろの店だが、出すラーメンはそれに反比例!!
地元の人間でも、店舗に腰を引いている人は一度食べてご覧なさい。

MORE »

向日葵

向日葵_赤みそ
今回札幌来て三軒目、昨夜入ったのが「向日葵」。中央区南9条にある店だ。
ネット上の評判はまずまずの店と記憶している。以前は南平岸近くの平岸通り沿いにあったと記憶しており、数年前に現地へ引っ越しているはずだ。平岸通り時代に一回、入ってみようと探しまわり見つからず、後になって引っ越した事を知りそれから数年。念願かなっての入店だ。

友人らと計四人で入り、それぞれ醤油・白みそ・赤みそ・辛みそと頼みスープを飲み回してみたが、どれも醤油や味噌の味が勝ちすぎず、さっぽろラーメンらしいマイルドなとんこつ味のスープだ。炒めもやしとタマネギがトッピングされているのも"らしい"し、ほろほろタイプのチャーシューも旨い。ただ惜しいのが、食後舌先に残った化調感だ。気になるほどの分量ではないが、化学調味料が使用されているようだ。化調を使用しなくとも、充分に旨いスープなので、唯一それが難点となってしまった。
同時に頼んだ餃子も、自家製かは分からぬがこの手の店の中では旨い部類に入る。ラーメン・餃子・ライスと頼めば腹減りの学生は大満足!! 毎日は無理だけどね。
安定して長く営業できるラーメン店と感じた。

MORE »

あらとん

あらとん_でか肉味噌
昨日、あらとんへ行って来た。平日火曜日の昼前だったが、それでも店内で町の人が10人程度いたから相変わらずの人気のようだ。
あらとんには開店当初から行っているが、去年くらいからずいぶんと評判になり着いてすぐすわれる事がほぼ無くなった。
今回は、比較的新しいメニューの「でか肉味噌」を注文。通常の味噌ラーメンの上にチャーシューとは思えぬ肉質で厚さは5mm強、市販のスライスベーコンほどもある「でか肉」が2枚トッピングされている。
そこそこ腹減り状態だったので、軽く食いきれると思って食べ始めるとスープの重さに道半ばで腹一杯を意識する状態に。普段より、スープのとろみが強い。コラーゲンたっぷりか?最後までなんとか食いきったと云う感じでスープまで全て飲み干す。
今までにはない風味の出汁は、使用した魚がより珍しいものだったのだろうか? 加えて、夏場とはいえ塩味が少々強い。二?三割薄いスープならば飲み易いと感じた。

上記したように、札幌でも最強の部類に入る繁盛店となったあらとんだが、ここへ来て少々の問題点も見受けられる。まず、客数に対し、麺ゆでと炒めもやしの処理等を店長一人でこなすには無理がある事。フロアスタッフを何人雇ったところで、メインの作業が一人きりでは円滑に作業は進まない。
行列に並び席に着くまでは客側の選択に任されるわけだから、30分待たされようが一時間待たされようが仕方ない。だが、着席してからどんぶりが目前に出されるまで10分以上15分もかかっては、それはもうラーメン店とは云えない。はっきり言って「待たせ過ぎ」で、帰るから金返せと云われても仕方ない。昨日の様子としては、3割が食べてる途中で残り7割が待ってる状態。これだけとっても客の回転が良い割りにラーメンを用意できていない事ははっきりする。
繁盛店故の宿命と云えるかもしれないが、行列に並んでから食べ終えて店を出るまでに一時間以上かかるようでは、時間の限られたサラリーマンや観光客には不評だろう。
フロアスタッフのほとんどが、ただのトッピング役orどんぶり洗いではなく、店長と並列で麺ゆでなどメインの作業をこなせるような有能なサブにならなければ今後のこの店の経営も危なくなる、そんな印象を覚えた。

白樺山荘

白樺山荘味噌ラーメン
初めて入ったときの感想で、かれこれ6?7年前くらい。ネットで検索してかかった店だった。札幌での滞在先から車ですぐの南平岸。路地裏へ入り店の前に立ったときの感想が以下のもの。
元は大昔流行った"歌声喫茶"と云った感のある外観が特徴だった。中に入っても、ますます歌声喫茶感が増す内装。評判では「旨い」と聞いていたが少々不安に思ったものだ。
醤油・塩・味噌三種全て試したが、旨い!! 評判に違わず、五丈原にタイプは違うが匹敵するか!? とも思った。ゆで卵が無料だし…(^_^;
そして数年後、旨いと思った自分の舌は正しく、ラーメン共和国への出店などメジャーなメディアでも話題となった。そして、五丈原に習ったわけでもないが「味が落ちた」…と寂しげに思ったのが去年の夏頃。今年も東京の盛夏を避け、札幌へ避難している間にダメもとで行ってみた。
復活したじゃん!! が今年の感想。多少、化調感は残るものの、一時の旨味を感じないスープと比べれば格段に白樺山荘している。
五丈原が、味を落として復活できないままでいる事を考えればかなり素早い復活だ。

これでまた、札幌へ行く楽しみが増えたと云うものだ。うれしい!!

 | HOME |  »

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する