@酒とラーメンの日々

日記みたいな独り言

麦酒倶楽部 ポパイ in 両国

麦酒倶楽部 ポパイ
“70種類のクラフトビール”と云うのがこの店の売り文句。
普通ならば、ヨーロッパのエールやスタウト等を中心にしたメニューを想像するところだが、ポパイでは国産にこだわってるようだ。
と云うのも、"Craftbeer Festival"の肝入りみたいな青木氏の店なのだから「そりゃ、国産クラフトビールだよな」となるわけだ。
店内a

店内b

喫煙席(テラス席)

そこそこの広さのウッディなフロアにテーブルがぎっしり!
ヨーロッパのPubを意識した作りは、結構年季が入ってる。
夕方5時の開店時の入りは少なかったものの、7時が近づく頃には客で溢れはじめウィークデーだと云うのに満員盛況。
直前まで通路だった場所に椅子が展開され、帰るにはそこを大回りしなければならなくなる。

ふたりで行くと、一番損な役回りになりそう。
入るスペースを見つけては、これでもかっ!とテーブルを押し込めた感じのフロア。
最低3人以上で行かないとテーブルが喫茶店の小さいサイズと云う事になり、一度に料理を3品頼むとそれ以上の置き場がなくなり大変な事になる。
隣の客との距離も近いし、酒乱の人は自重できないと大変な事になりかねない。
やはりここは、この手の店は3人以上、連れを募って行くのが正解。

ビールは大多数が国産だ。
ピルスナーからスタウトやIPAまで、恐らくは青木氏厳選の銘柄だらけ?
上記した”Craftbeer Festival”も何度か行って知ってはいるが、最近は国産も侮れない美味さになっているからヨーロッパ産にこだわる必要は無いかも。
輸送費がかさみ割高になる海外製よりも、その分安くなるのならそれに越した事は無い。
フィッシュ&チップス

牛ほほ肉のビール柔らか煮
料理もバライエティに富み、自分なりのディナーメニューの構築も可能だったり。
厨房スタッフの数も揃っているらしく、客がごった返し状態でも料理の出が極端に遅くなることも無い。
皿が空になるちょっと前に追加を頼んでいけば、途中で料理待ちする事は無いで済むかな?

一番「おおっ!」と感動ってほどの事ではないが、驚いたのはフロアスタッフのレベルの高さ。
こちらから聞かずとも、メニューに関する詳しい説明がすらすら出てくる店員さんの比率が高い。
都内には他にもたくさんのPubはあるが、店員のレベルは決して高くない。
自店のメニューの知識が乏しい、ホント「入りたてのバイトです」ってレベルの店員が多い。

そもそも日本ではエールに馴染みが無いし、ヴァイツェンやスタウト、IPAの意味すら知らない人がほとんどか。
IPAが好きと言ってた友人が「インディアン・ペール・エール」の略とは知らずに飲んでた事に鄂然としたりして・・・。
まぁ、名前の意味なんか分からなくても飲んで美味けりゃ良いんだけどね・・・。

玄関

玄関扉

喫煙場所

==============================================

飲んで食ってと満足し、勘定済まして店の玄関を出たところ・・・ある程度年齢のいった3人組が玄関前を占拠して。
ポパイの店の立地は、小規模マンションの1・5階?階段を7段昇ると店のフロア階という事。
階段正面の左横手に木の玄関ドアがあるが、その前の1坪足らずのスペースを占拠して男2女1の3人が何か相談してた。

通りすがりに声をかけ、おっさんに体をかわしてもらいやっとこ階段へ。
通りすがりにそのおっさんの横顔を見ると、なんとオーナーの青木氏ではないか!
話の内容は業務絡みのようだっので、同業の知人か?

客の立場からして・・・店の玄関前を知人とのお喋りで占拠するオーナーはいかがなもんかとちょっと憤慨。
客の邪魔になってる上に、お喋りに夢中なのか「ありがとうございました」の挨拶もなし。
お店の内容が良かっただけに、オーナー青木氏のこの対応には”老害”を感じてしまった。

白河中華そば 孫市 in 国分寺

最近東京てせもよく見かける、北白川系のラーメン魁力屋。
こちらは京都市左京区の、宮本武蔵で有名な「一乗寺下り松」の近くに本店がある。
しかし、こちらの"孫市"は、東北道を下って福島県に入ってすぐの"白河"市のご当地ラーメン。
だが、Googleマップで普通にJRの駅前近くを探してみても、ラーメン店を想像させる店名は見つけられない。

発想を変えてみる。
過去の経験からすると、地方では「◯◯食堂」がラーメン店の本拠地だったっけ。
福島といえば、喜多方でも大抵◯◯食堂って云うのが=ラーメン店だった。
そもそもこのお店は、白河市の東の郊外にある"とら食堂"が本家だというから、やはり"食堂"がキーワード。

大そうな知識はないので断定は出来ないが、白河辺りは文化的に関東の影響が強いのではないか?
同じ福島でも地方分けすると白河は"中通り"に当たり、まんま"会津"地方の喜多方とは土地の性格が違うようだ。
現代的な福島県括りで考えてしまうと想像が外れるかもしれない。

JR中央線ローカルな駅西国分寺と、こちらはそこそこ全国区?国立駅のほぼ中間。
路線より結構北寄りの宅地の中、東京もこの辺まで来ると「のどかだなぁ」と思わせる田園地帯。
この一帯を飛び越して、国立・立川まで行くとかなり都会として開けてるんだけどね。

狭いS字の二車線道沿いの、地図の上では◯◯ハウジングと書かれている建物(実際は個人スーパーマーケットにも見えるが)の右の奥手、コンビニとの間を入ると田園的雰囲気の店構えで"孫市"はある。
Googleマップではちょっと見にくいが、実際に行ってみると赤い幟と白い暖簾ですぐ分かる。
白河中華そば 孫市
アプローチの飛び石の周りに、白い砂利でも撒いて整えたら更に雰囲気が上がるかも。
白河中華そば 孫市 おしながき
店内の券売機でも選べるが、行列時は入り口前の左手にメニューが出ているからいきなり行っても食べたいメニューはゆっくり選ぶことができる。
タバコ吸いは更に左手のベンチ脇、灰皿があるからそちらでどうぞ。

鰻の寝床式フロア、左手に厨房とカウンター右手にテーブル。
奥まった立地も手伝ってか、雰囲気は夏場でも涼しそう。
入り口右手の券売機で、中華そば650円とトッピングのメンマ増し150円を購入。
本当はラーメンと"焼豚ごはん"にしたかったが、昼営業終了間近だから?ごはんの方は売り切れだった。

カウンター中央辺りに陣取って、待つこと3分くらい?待ち時間は短いように感じた。
レギュラーサイズの丼に、見た目も量的にもバランスの良い盛り付け。
麺量はしっかり120グラムくらい?
スープも並々過ぎず、限りなく透明な醤油ベースだからそこまで透けて見えそう!
白河中華そば 孫市 中華そば+トッピングメンマ

喜多方ラーメンも基本は醤油ラーメンであるが、東京生まれの"中華そば"の見た目ではない。
醤油感が東京のものとは違うのだ。
だが、ここ白河の中華そばはかなり東京に近い。
色は濃い目でも、醤油の風味は強すぎず塩っぱさもない。
ベースの醤油ダレが良く熟れているよう。

トッピングのメンマは、味付け無し?それではスープに馴染まないだろうから薄味付きか?
麺と一緒に食べても勝ち過ぎない柔らかさ。
それらと比べると焼豚がちょっと落ちるか。
昔ながらの町中華屋のに近い、ちょっとパサつく系が3枚。
もう少ししっとりしていたらもっと旨いはず!
食べ始めの前にスープに沈めておいたら、結構いい感じに味がついて、これはこれかな?

指先でちょいとつまんだくらいのこの量のカイワレは、自分としては無くても良かった。
やはり、スープと絡むホウレン草かなぁ〜。

旨味はたっぷりだが味としてはあっさり。
このバランスが"中華そば"の良さなんだよな。
毎日食べても飽きのこないこの感じ、これぞ王道中華そばなのだと思った。
次回は絶対、この店が"一品"と勧める"ワンタンめん"が"チャーシューワンタンめん"!
そうなのだ、白河中華そばの王道はワンタン・トッピングなのだった。

鶏でも魚介でも良い、スープのベースにこの店を特徴付ける風味が上がれば更にレベルアップする。
加えて、焼豚の質を上げてとカイワレの代わりのトッピングがあれば、食べログとかで星4以上を確実に狙えるようになるはずだ。
もともとレベルは高い店、期待は膨らむ!

中華そば一魂 in 清瀬

中華そば一魂

以前は"龍華"と云う店が、更にその前は"ラーメンどさんこ"という店があった店舗。
"どさんこ"の方は、自分が知る限り老夫婦で経営の街の中華屋で、老舗と言って良さそうな年数を刻んでいたよう。
店を閉めるという時も、ご夫婦の年齢を考えれば正常なリタイアと感じたもんだ。

"どさんこ"閉店後、「すぐ」と言って良いくらいのタイミング始まったのが"龍華"。
まったく違うと思うが、雰囲気的には近縁者(見た目は30前後の男子)が後継いだみたいな感じ。
ただし、調理している雰囲気は「中華の有名店で修行してきたぞ」って感じもするが、味付けが足りず塩を振りかけたくなるようなものばかり。
言っちゃ悪いが、自己満足的な料理だったと思う。

"龍華"は1年続いたか?続いたとしても3年はいっていまい。
静かに閉店したのちしばらく後釜は決まらず、少なくとも2年近くは空き店舗だったはず。
長く内装の作業が続いたなぁ〜と思っていたら、今年の春頃だっけ?ようやく開店。
開店からちょっと間を空けて、先日ようやく行ってみた。

今回の"一魂"は、前々ここで老夫婦がやっていた"ラーメンどさんこ"に近い感じか?
"街の中華"の王道系。
ただしメニューは少ない。

今回はこの手のお店の王道メニュー、ラーメンと餃子と炒飯で勝負!
以前は2箇所あった出入り口が、写真にある駅向きの狭い面のみとなり食後清算が事前に食券を買うスタイルに。
暖簾をくぐりすぐ右手の券売機で清算し、ついで水のコップを持って好きな席に着席。
ほぼ全てカウンターの中央あたりに着席。
食券を渡すとすぐさま調理開始!

店内は内装の化粧板の張替えなどはされたようだが、レイアウトは依然とほとんど一緒。
換気扇とそのフードの大型化が望まれそうだが、隣接する建物の影響か?業務用といえども単機のみでは力不足的。
連続して炒め物の注文が入ると店内が煙そう。改善の余地ありか?

中華そば一魂_中華そば
他に客はなかったので、あっという間に料理提供!と思いきや、感覚的には少し長めの待ち時間。
まぁ、いらっと来るような長さではなかったが・・・。
ラーメンが先で餃子が後の順番は、ビールを頼んだ身としてはちょっと提供の順番が違うかな?
餃子をつまんでビールをグビッ!3個ほど食べたところでラーメンが・・これが王道の順序とも思うが、いかに?

手順として、麺茹でや丼用意のその前に、まずは餃子を焼き始めなければ。
手順慣れとか厨房慣れ、ちょっと経験値の不足を感じたりした。
まぁ、開店間もなく"慣れ"の問題っていうやつ?

炒飯はちょっと油多めにも感じたが、味付けの具合に過不足無いしご飯がパラパラと仕上がっていて大変美味かった。
炒飯と定食メニューがあれば、それに半ラーメンで勝負できる。

中華そば一魂_焼き餃子
餃子はこの手の店のオーソドックスな感じ。
肉汁は多めだが、皮は薄めでヘニャヘニャ。
蒸し焼き用の水が多すぎたか、それを切るのが遅すぎたか?
三十秒蒸し焼き用の水切りを早め、余熱で水気を飛ばせば皮ももっと旨くなったはず。
新規開店から間もなく、まだ厨房の火加減に慣れて無い?

ラーメンは見た目そのまま、普通に中華そば。
ただし、スープに他店とはちょっと違いがある。
そもそもが、業務用のタレでスープを用意していると思うが、一杯のラーメンとして風味がお初に近い。
レンゲで最初のひと掬い。
「味が薄い」
不味いわけではないが、食べ進めてもスープにコクを感じ無い。
食べきる頃に初めて「しつこく無い」と判ってくる。

最近の他のラーメン屋の味の濃さと、見た目のスープの濃さに脳が騙されてたようだ。
シングルスープならば、旨味の感じ方はこの程度なのかも。
今時の、ラーメンで勝負してる店はダブル以上トリプルが当たり前。
旨味の掛け算がされてるから、"こっさり"なんて言葉も生まれてくる。
昔ながらの中華そばは"あっさり"なのだ。

ただし、だからと言ってここのラーメンが充分に旨いとは言い切れ無い。
業務用だろうと自家製だろうと、旨いけれど味が薄めであることに変わりは無い。
何かもう一味、軸となる旨味があれば"ザ・中華そば"として押していけるかも。
毎食自分のラーメン食べて、あと一押しの旨味を追求して欲しいと思った。

麺工 豊潤亭 in 武蔵小金井

通りの並びの"ラーメン 赤青 ムラサキ"へ行くつもりで出発!
嫌な予感を抑えつつ、やはりと云うかムラサキは臨時休業!なんか当たるよなぁ〜
そんな事もあろうと、抑えに調べておいた豊潤亭にお邪魔した。
まぁ、近いうちにこちらへも来るつもりだったから順番が変わっただけってとこ。

この店の向かいの"ななふく"は既に訪問済み。
店数が多いわけではないが、結構評判の高いラーメン店の多いこの周辺、豊潤亭も高得点で期待の持てるラーメン店。
そういった理由で、予定は狂ったが不満は全くなし!
麺工豊潤亭
時計は午後に時過ぎ、店の前も広々空いていて自転車の置き場にはまったく困ら無い。
時間が良かったのか他の客なし、入ってすぐ左側の券売機でゆっくりメニュー選びができた。
170gと迷って、結局250gの"のり中華そば"をチョイス。
最近量の少ない店ばかり当たってるので、今回は後悔無いようトッピングでチャーシューも追加した。
ただし、合わせて1190円!
ラーメンとして結構豪勢な金額だ。
麺工豊潤亭_カウンターのみの店内
よくある鰻の寝床の店内。
比較的奥の席に陣取り、結構日差しの強い日だったのでサーバーの水をガブガブと!
冷房の効く奥の方で、クールダウンが必要な今日なのだ。

壁沿いに出汁に使う煮干し関係の段ボール箱が山積み。
産地の違う煮干し・いりこが何種類も!
こんなに使い分けしてんのっ!と感心。

待ち時間がちょっと長めに感じでラーメンが提供される。
理由は明快で、茹で時間に時間がかかりそうな"手揉み?きしめんの様に平べったい"縮れ麺。
イメージとしては近いが、厚みがきしめんよりもあるので茹で上がりまでは時間が必要そう。
注文時に背脂の量を指定できるが、今回は標準をチョイス。
結果としては、予想より少なめで"中脂"か"大脂"でもしつこく無いかも。
嫌いで無い人は大脂でも後悔無いと思う。
麺工豊潤亭_のり中華そば(250g)+チャーシュー1190円
海苔とチャーシューに覆い尽くされて麺が見え無い。
板海苔にせず、そのまま乾燥させた海苔?
乾燥海苔のせいか?自分の鼻が利かないのか風味をあまり感じ無い。
スープに浸せばそれも変わるかと、箸でガシガシとスープに潜らせる。
ふやける間にと麺をすくい上げ、チャーシューとメンマと合わせてグワシッグワシっと食べる。

結論としては、海苔の風味はあまり立ってない感じ。
のり中華そばと謳いつつ量はあっても風味が弱い。
加えて、今日だけ?とも思うが、スープが塩っぱ過ぎる。
中華そばと云うのだから、言い方変えればそれは醤油ラーメン。
なんか、この日この店のラーメンは、醤油だねの量が普段の倍か3倍か?
煮干しの風味を感じ無い、のりの風味も感じ無い本末転倒なラーメン。
塩分量が1/3程度なら、まだ美味しく食べれそうな雰囲気だけにかなり残念!

この塩気の強さがデフォだとしたら、関西人や塩気控えめな年配にはかなり過激だ。
この日だけのイレギュラーと願いつつ・・・今日は塩っぱすぎ!

一八亭 in 東伏見

トマトを使ったり、ジェノベーゼをラーメンにアレンジしたり、パスタを中華麺に置き換えたイタリアン・ラーメンが売り?って、普通のラーメン3種もあるから売りというよりはバリエーションって感じ?
イタリアン・ワインを飲めたりとするが、その理由は?

最初に寄らせてもらったのは、かれこれ15年は前のことか?
現マスターのイタリア親爺・・・年齢は分からないが自分より年下か・・・、2度目か3度目に寄らせてもらった頃から彼に変わったんだけっけか?
最初は普通に日本人だったと思うのだが、単なる記憶違いか?
今のマスターは濃ゆい顔の外人さんだから結構印象残ってるんだけどね。
現状、イタリア人経営のラーメン屋だからラーメン・ジェノベーゼだったりするようだ。
店の特色になるし、本国おふくろの味的な感じにもなるし?

この店の間取りはラーメン屋にしては広すぎ。
ラーメン屋にありがちな"鰻の寝床"ではなく、真四角すぎるフロア。
厨房内をマスターはあっち行ったりこっちに来たり・・・!
一番右手の水周り近くでネギを刻み、隣の寸胴で麺を茹で、フロア中央のデカイ調理台で丼を用意して・・・。
客のカウンターは通路を挟んだ更にその先。
調理台がデカ過ぎるのと、カウンターとの間の通路も余分。
2m近く厨房の幅は余計だな。
その分客室を広げて、2人掛けテーブルを増やした方が都合も良さそうなのだが・・・。

前回の訪問からでも3年も経ってしまっていて、店内の様子はともかくメニューはずいぶん変わっている印象。
記録では前回、焼き豚らぁめん↓↓↓を食べたが、
一八亭_焼豚らぁめん

一八亭_味噌らーめん
今はメニューから消えてるようなので普通に味噌らーめん↑↑↑を注文した。

混んでいたわけでは無いが、ちょっと長めな待ち時間。
出来上がってラーメンが手元に来て理由が判明。
多分、味噌だからって事だと思うが、そりゃ茹で時間がかかるなほどの極太麺。
つけ麺用と想像しても近いものがある。
ラーメンにこの太麺はイタリアン的な発想?
あちらにはカッペリーニもあるから、イタリアン括りって事でもないか・・・。

多少縮れの入った極太麺は、低加水率なのか粘りは少なくブリブリとした食感。
不思議なのは、合わせ味噌と思われるスープに僅かだが酸味を感じる事。
味噌ラーメンじゃちょっと変わった風味かな。
スープのベースは他と一緒か?
鶏系節系ならば、ここの味噌にはちょっと風味が弱いかも。
札幌の味噌ラーメンでは無いが、豚骨でバシッと旨味の利いたスープの方が麺との相性も良いと思う。

麺もスープもトッピングのもやしも全ての量が少ない。
チャーシューはまぁ普通。
半ラーメンとまでは言わ無いが、クォーターサイズくらいの一杯か。
大盛り以外、ギョーザや何やら、サイドメニューを頼まなければ物足りない。

平日は翌早朝までの深夜営業の店。
ラーメン店というよりも、夜営業でワインを出す方がメインなのかな?
ラーメンはその〆か?
そうだとすると、この店は"bistro"というよりも、
ちょっと変わった"bar"と言った方が良いのかもしれない。

 | HOME |  »

アクセスカウンター


ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

@zephyr

Author:@zephyr
日本酒とラーメンの食録を、たまに映画やその他諸々の事を自分の好き嫌いではなく客観的に記録して行くつもり。


リンク

このブログをリンクに追加する